小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

ボンベ庫 増設工事 ~ その4 ~

前回は土間モルタル打設までご紹介させていただきました。
f:id:residence5103:20180315063620j:image
f:id:residence5103:20180315063643j:image

この土間を嵩上げした事により道路の取合い部に段差が生じました。

 

モルタルを道路と同じ高さに擦り付けると厚みが取れず割れてしまいますので敢えて段差を付ける形にしてます。

 

簡易的にスロープを作ります。

まずカチオン(接着剤)を塗ります。
f:id:residence5103:20180315064937j:image

 

エポキシ樹脂を用意します。

このセットで大体6~7千円。

左上のボンドと書かれてる缶が主材、その下が硬化剤、右が珪砂(けいしゃ)です。
f:id:residence5103:20180315064200j:image

これらをひとつの容器に入れて攪拌します。

叩いたりコテならししたりを繰り返して形成します。

※⬇の量で1セット分です。
f:id:residence5103:20180315064953j:image

モルタルやコンクリートと使い勝手が違いますがエポキシ樹脂は薄く擦り付けても強度が保たれるのがメリットです。
f:id:residence5103:20180315065007j:image

 

しかしこのエポキシ樹脂にもデメリットがあります。それは紫外線に弱いと言うこと。

屋内なら問題ないのですが今回は紫外線対策が必要となります。

んー、写真撮り忘れましたがセメント系の薄塗り材を上塗りしました。
f:id:residence5103:20180315065452j:image
f:id:residence5103:20180315065514j:image

これで土間関係は完了です。

 

次にせっかくの機会ですのでコーキングのやり方をご紹介させていただきますね。

 

~用意する道具~

コーキングヘラ(年期が入ってますが・・・)
f:id:residence5103:20180315065655j:image

仕上げヘラ(知ってる限りこのタイプのものは業者専門販売の建デポにしか売ってません)
f:id:residence5103:20180315065755j:image

コーキングヘラ(大)
f:id:residence5103:20180315065917j:image

ステンレス地ベラ
f:id:residence5103:20180315065959j:image

シールプライマー
f:id:residence5103:20180315071254j:image

それとコーキングガンや普通のカッターナイフがあれば大丈夫です。

 

まずコーキングヘラと仕上げヘラを合体させます。
f:id:residence5103:20180315070051j:image

仕上げヘラの裏面シールを剥がし
f:id:residence5103:20180315070217j:image

くっつけるだけです。

案外強力に固定されます。
f:id:residence5103:20180315070302j:image
f:id:residence5103:20180315070326j:image

 

道具の準備が終わったのでコーキング作業に取り掛かります。まずはマスキングテープで養生を行いますね。

 

全てに共通する事ですが養生が上手いか否かで全ての作業が左右されます。

養生を制する者はモノづくりを制す的な。

それだけ養生は重要ポイントとお伝えしたいんです。

 

養生テープの幅ですが、まずは仕上げヘラを実際当ててみてイメージをします。
f:id:residence5103:20180315071210j:image

大体こんな幅で養生すればいいな、、、的な。

マスキングテープを貼ります。
f:id:residence5103:20180315071428j:image

口説い様ですが、テープはよく密着させることが大事です。エアーが入らないように注意します。

テープ養生の入隅や出隅等は地ベラを使って切っちゃうのが一番簡単でしょう。
f:id:residence5103:20180315071735j:image

地ベラを当ててみてテープを引っ張るだけです。
f:id:residence5103:20180315071807j:image

マスキングテープ養生が終わりました。
f:id:residence5103:20180315071941j:image
f:id:residence5103:20180315072008j:image
f:id:residence5103:20180315072048j:image

次にシールプライマーを塗ります。

コーキング自体に粘着力があるのでプライマー作業を省く方もおられますが塗っておくべきです。
f:id:residence5103:20180315072159j:image

ようやくコーキングを打ちます。

ホント単純な説明となりますが

屋外は変性シリコンコーキング

屋内の水周りはシリコンコーキング

を使用すればまず間違いありません。

シリコンコーキングは紫外線に弱いので屋外は不向きです。
f:id:residence5103:20180315072638j:image

仕上げヘラで撫でます。
f:id:residence5103:20180315072720j:image

仕上げヘラにくっついたコーキングをコーキングヘラ(大)を使って取り除きます。

案外これがコーキングのポイントかも知れません。
f:id:residence5103:20180315072900j:image

マスキングテープ養生を剥がして完了です。

道具が揃えば私でも綺麗に出来ます。
f:id:residence5103:20180315073015j:image
f:id:residence5103:20180315073116j:image
この後、外壁にパターン(模様)を付けて塗装しました。

パターンを付けて
f:id:residence5103:20180315183408j:image

上塗り実施。
f:id:residence5103:20180315183507j:image
f:id:residence5103:20180315230115j:image
f:id:residence5103:20180315230138j:image

新たに設けた防火戸廻りもコーキング+塗装。
f:id:residence5103:20180315225947j:image

 

大体これでこの工事は終わりです。

ガス配管工事も終えて
f:id:residence5103:20180315183918j:image

最後となりますが土間にラインを引きます。

ラインは有機溶剤の1液性のハードラインを使用します。道路ラインの簡易版です。
f:id:residence5103:20180315184203j:image 

養生をします。
f:id:residence5103:20180315184416j:image

そのままハードラインを2回塗ります。
f:id:residence5103:20180315184519j:image

養生剥がしたら完了です。
f:id:residence5103:20180315184629j:image

これでボンベ庫 増設工事はおしまいとなります。

 

では。