小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

ボンベ庫 増設工事 ~ その3 ~

前回は躯体の外壁のコンクリートを打設までしましたのでその続きをお話させていただきますね。
f:id:residence5103:20180221102229j:image

外壁の上にH鋼材を流し屋根の母屋下地を作ります。

外壁の天端にフラットバーをケミカルアンカーで固定。それをH鋼と接合します。
f:id:residence5103:20180221102711j:image
そのH鋼の上に母屋受けを接合します。
f:id:residence5103:20180221102330j:image
f:id:residence5103:20180221102436j:image

既存の建物の方はアングルをケミカルアンカーで固定し下地が乗せられる様にしました。
f:id:residence5103:20180221102457j:image
母屋付けたらちょっとゴツくなっちゃいましたね。
f:id:residence5103:20180221102623j:image
スレートを乗せます。
f:id:residence5103:20180221103029j:image
f:id:residence5103:20180221103053j:image

 

次にコンクリートの外壁のピーコン埋めをします。ピーコンは型枠の際に使用しますが後処理が必要となります。

~ピーコン取り外し状況~
f:id:residence5103:20180221104013j:image
f:id:residence5103:20180221104032j:image
f:id:residence5103:20180221104059j:image

ピーコンを埋める材料は、ハイモルと言う補修用のモルタルです。

まずはハイモルに防水剤を混合してコテで塗りつけます。
f:id:residence5103:20180221103203j:image

ホームタイ鏝(こて)を用意します。色々サイズがありますがこれは28mmのホームタイ鏝です。
f:id:residence5103:20180221103501j:image

ホームタイ鏝をチャックに固定します。
f:id:residence5103:20180221103657j:image

ホームタイ鏝をインパクトに取り付けピーコンのモルタルを回しながら押します。

ぐぃーーん・・・・・
f:id:residence5103:20180221103717j:image
そうするとこんな感じになります。
f:id:residence5103:20180221103915j:image

こーいうの見たことないですか?

 

次に土間のコンクリートを嵩上げ(かさあげ)します。

ここの建物、道路より土間が低くなっていて雨が降ると水溜りになります。

水勾配をモルタルで調整しますね。

突発的に「よし、明日モルタル打とう!」としたものですからミキサー車の手配が出来ず仕舞い。

またハイブリッド系に頼っちゃいます。
f:id:residence5103:20180221104748j:image

モルタルの数量を計算したら役0.9m3

むーぅ、流石に攪拌機じゃキツいか。

今日では珍しいハンドミキサーを持って来てもらいました。
f:id:residence5103:20180221105024j:image

昔は随分と見掛けたんですけどね。

 

既存の土間には接着性を良くする為にカチオンを塗布します。
f:id:residence5103:20180221105155j:image

モルタルハンドミキサーで練ります。
f:id:residence5103:20180221105223j:image
動画を撮りました。

土間屋さんが均した土間は雨が降っても水溜りが出来ません。凄いですよね。

ちなみに土間屋さんは沖縄出身の方が多いです。米軍基地の膨大な土間を均す為に出来た職業と言われてます。

 

んー、完全まであともう少し。

つづきますね。