小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

ネコ家具職人への道 ~その4~

まず最初に本日仕事始めでした。

お客様から電話連絡があり、第一報が「木こりさんが作ったゲートが脱輪しました。」→えっ?( ̄▽ ̄;)

この先も脱輪した一年を過ごしそうな予感がしてなりません。

 

さて保護ネコカフェですが以前にもお伝えした通り雑居ビルにお店を構えます。

当然ビルの入口に看板が必要となります。

でも電光看板スペースは他の店舗で埋まっており使用出来ないとの事。

必然的に置型の看板が必要となりますよね。

 

「アイデア写真集」の記事でご紹介させて頂いたこちらの看板の作り方を解読してみます。
f:id:residence5103:20180105063004j:image

格好良くないですか?

まずこの古びた木材をどう調達するか考えてましたらジモティーでパレットを無料にてお渡しします!と言った良心的な方がおられました。

掲載を見た時「こりゃー高倍率だろうなー」と思いつつすぐに連絡。

そしたら予想通り多方面からの問い合わせが来てるとの事。その方は引っ越しでパレットの引き渡しを急いでらしたので「本日中に取りに伺います!!」とお伝えしたら快く承諾して下さりました。そのパレット見てください。

ババーン
f:id:residence5103:20180105064451j:image
f:id:residence5103:20180105064525j:image
13枚分あります。

このパレットがあれば看板の古い感じの木材が完成します。

余談ですがパレットをくれた方からこんなガーデンテーブルセットも頂きました。こう言ったガーデングッズは以前から欲しかったので個人で使用しちゃいますね。
f:id:residence5103:20180105064748j:image

このテーブルで珈琲飲んだら美味しいだろうな。心より感謝申し上げます。

 

で、看板の話に戻ります。

鎌倉市雪の下にある茶々と言う喫茶店、この和風テイストが個人的に気に入っるので常々参考にさせて頂いてますが、今回も看板がどうなってるのか確認させていただきました。
f:id:residence5103:20180105065328j:image

正にビンゴ!私が好きなタイプの看板でした。屋根は樹皮を張ってますね。
f:id:residence5103:20180105065422j:image

電灯は丸出しです。
f:id:residence5103:20180105065504j:image

足元はチェーンで開閉ストッパーとし
f:id:residence5103:20180105065616j:image

強風対策で重しを緊結してます。
f:id:residence5103:20180105065632j:image

木の丸棒が丁番変わりになってました。

脱帽です。
f:id:residence5103:20180105065806j:image
f:id:residence5103:20180105065819j:image
やはり茶々は私が憧れるお店です。
裏道にあり隠れ家となっておりますが気になられた方は是非お立ち寄り下さいませ。
f:id:residence5103:20180105070039j:image
f:id:residence5103:20180105070053j:image

では、また本題に戻りますね。
f:id:residence5103:20180105070145j:image

古材と看板の基本的な作りは何とかなりそうです。次に味わい深い錆び付いたトタン屋根をどうするかを考えます。

 

錆び付いたトタン屋根を調達しようと探しましたが見つかりません。仮に見つかったとしても本当に錆びてるモノをお店に使用して良いものなのかな?

 

そこで思いついたのが以前店舗工事のご紹介で階段やカウンターで行った錆ひ塗装です。

店舗工事の時は私も単なる現場監督でしたので各業種に工事依頼をするだけでした。

 

思い起こせばこの錆び塗装、専門業者が見つからずアート専門の方にお願いしたのです。

かれこれもう10年以上も前の話となります。

今では人任せではなく己が関わらないと気が済みません。

で、錆び塗装を調べて辿り着いたのはキャンディータワーさんの錆び塗装です。当たり前のようにHPをリンクしてますが・・・察してください。すみません┏○ペコッ

 

でも錆び塗装の素晴らしさが伝わってきませんか?だってヘルメットが錆びちゃうんですから。キャンディータワーさんの施工例を多く見てこのトタンはなんとかなるかなと思いました。

 

ぶら下がってる黒板は木材をカットして黒板塗装を施せば良いと考えます。

下の写真はマグネットペイントです。
f:id:residence5103:20180105123359j:image

黒板塗装も同じような価格かな?

 

再度看板写真を貼りますね。
f:id:residence5103:20180105123500j:image

最後の課題は白文字です。

先に紹介させて頂きましたキャンディータワーさんも文字を多用してます。錆び塗装に文字を加えた途端にアメリカンテイストになるのが伝わってきましたよね。

キャンディータワーさんは文字スタンプも販売してますが残念ながら数字とアルファベットしかありません。

 

画用紙に文字をくり抜いて文字塗装するか、うーん。

 

視点を変えてみました。

ペイントではなくレーザーに目を付けたのです。ホームセンターのカインズホームはPDFやJPEGのデーターを持ち込めば格安で木材をレーザーでの切断や焼き付け模様を付けれるとの事。素晴らしい技術です。でも近くにカインズホームがありません。ならレーザー加工機買ってしまおうかと調べたら一瞬で挫折。確かに安い訳がない。

 

やっぱり文字はペンキで書きたいな。

そんなカッティングシートないかなーって検索してたら凄いのがありました。

ブラザーから発売されてるスキャンカットCM650Wです。この機械、PDFやJPEG等のデーターの他にスキャンで読み取る事も出来るんです。

 

こちらの動画を見ていただけないでしょうか。お店のロゴもスキャンで読み取れるので可能性が広がります。

 

欲しい・・・やばい・・・

 

レーザー加工機程ではありませんがやはりかなりの金額ですね。さてどうするか。

 

看板ひとつ模写するだけでも結構大変ですが今後の投資と考えれば勉強になります。

出来上がったらご紹介させていただきますね!