小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

ネコ家具職人への道 ~その2~

頑張って連投しますねー。

 

螺旋階段の話の前にこんなお話をいただきました。

食器洗浄機を置く台を作りたいので木材を切断してもらいたいと。キッチンパネルとフローリングの材料をお持ちになられてる様で、それらの材料を利用して食洗機の台を作りたいとの意向でした。

 

現地を拝見させていただいたら「正直こりゃ難しい」と思いました。材料の幅の寸法が足りないので上手く組み合わせなければなりません。でもチャレンジしてみます。

切断だけのお話でしたが組み立てまでしてお渡ししようと思いました。

 

まずは間違えない様に簡単ですが図面を作成します。
f:id:residence5103:20171217180850j:image

これがお預かりしたキッチンパネルです。全部で5枚あります。
f:id:residence5103:20171215161321j:image
販売店で購入する材料なら寸法間違えしても買い直せば良いのであまり深く考えませんが、こちらの材料は寸法間違えで切断した時点で終了~となってしまうのでかなり慎重になりました。
f:id:residence5103:20171215161642j:image
f:id:residence5103:20171215161824j:image

キッチンパネルは台の側板として使用します。幅が足りないので継ぎ足しました。継ぎ足しはキッチンパネルの木っ端3枚で固定します。ビスは念のため化粧ビスを使用しました。

 

天板にはこれまたお預かりしたフローリングを張るのですが流石にフローリングだけでは強度がないのでランバーコア厚18で補強します。ランバーコアの上にフローリングを張りました。凄く綺麗なフローリングですね、羨ましい(*´ー`*)
f:id:residence5103:20171215162117j:image

フローリングの小口が見えてしまうので最後は天板周囲にアルミのアングルをぐるっと取り付けました。

でも依頼された方には申し訳ないのですが仕上がりに満足してません。所々アラが目立ちます。

まだまだ修行をしなければと強く思いました。ホントすみません。
f:id:residence5103:20171215162636j:image
f:id:residence5103:20171215162655j:image
f:id:residence5103:20171215162718j:image

では引き続き猫カフェの螺旋階段のご紹介をさせていただきますね。

 

螺旋階段は段々の一つ一つが片持ち梁となり猫が乗る度に不安定になる事が想定されます。だからせめて足元はしっかりとした部材にするよう心掛けました。

下の材料はシナランバー厚25です。
f:id:residence5103:20171215162931j:image

5mm厚のラワンベニヤで丸ノコの定規を作りました。シナランバーを切断していきます。
f:id:residence5103:20171215165437j:image
f:id:residence5103:20171215165458j:image

少しでも材料を節約する為に板を更にくり抜きます。
f:id:residence5103:20171215165614j:image
f:id:residence5103:20171215165656j:image

ビスは木栓で隠すので下穴10mmのキリで深さ10mm程掘ります。
f:id:residence5103:20171215165810j:image
f:id:residence5103:20171215165826j:image
f:id:residence5103:20171215165847j:image

シナランバーの側面は綺麗ではないので小口テープ(シナランバー用)を貼ります。
f:id:residence5103:20171215165954j:image

テープの凹凸をカッターで切り落としランダムサンダーでヤスリ掛けします。
f:id:residence5103:20171215170101j:image

以上が足元の1段目です。

2、3段目はくり抜く事なく板のまま付けていきます。
f:id:residence5103:20171215170215j:image
f:id:residence5103:20171215170429j:image

真ん中に16mmの穴を開けます。
f:id:residence5103:20171215170551j:image
f:id:residence5103:20171215170609j:image

心棒となる全ネジM16を真ん中の穴にぶっ刺してナットで固定します。
f:id:residence5103:20171215170655j:image
f:id:residence5103:20171215170901j:image

裏側もナットで固定します。1段目の板をくり抜いたのはこの為です。
f:id:residence5103:20171215170824j:image
f:id:residence5103:20171215170844j:image

次に足元の4段目ですが真ん中に桟木の幅48mm以下で穴を開けます。ナットを隠す為です。
f:id:residence5103:20171215171153j:image
f:id:residence5103:20171215171242j:image

言いたいこと伝わってますか?(-∀-`; )説明下手なので・・・
f:id:residence5103:20171215171336j:image

5mmのラワンベニヤでふたつの定規を作りました。螺旋階段は15°刻みなので15°に切った定規とビス穴の位置を計算した定規です。ビスは組み上げれば見えないようCADで計算しました。
f:id:residence5103:20171215171616j:image

では漸く螺旋階段の記念すべき1段目を取り付けます。
f:id:residence5103:20171215171703j:image

あとは永遠に繰り返しです。
f:id:residence5103:20171215171735j:image
f:id:residence5103:20171215171747j:image
f:id:residence5103:20171215171800j:image

ずっと階段を積み上げて最後に板を設けます。Rの切断はトリマーがあれば綺麗に切れますがジグソーで切断したのでちょっぴりいびつ…>┼○ バタッ
f:id:residence5103:20171215171952j:image

次は天井に取り付けてみますね~、では。