小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

ゲート製作 ~その3~

ゲートの組み立てを行います。

骨組みとなる部材を溶接接合します。

全長7350mm、加工場ギリギリです。
f:id:residence5103:20171013155444j:image
f:id:residence5103:20171013155457j:image

更に骨組みを組み立てます。
f:id:residence5103:20171013155657j:image

立ち上がりを組み立てます。
f:id:residence5103:20171013160010j:image

L型に組んだ補強材を接合します。
f:id:residence5103:20171013160055j:image

形・・・分かりますか?
f:id:residence5103:20171013160323j:image

このゲートは2台同じものを作ります。

端部の収まりですが中央側は補強材が相対で
f:id:residence5103:20171013160506j:image

外側は少し形を変えてあります。
f:id:residence5103:20171013160618j:image

簡単では御座いますが骨組みの組み立てはこんな感じです。

 

次に格子の取り付けになりますが、先行してレーザー加工屋にこんなモノを頼んでおきました。
f:id:residence5103:20171013160737j:image

これが治具(じぐ)と言うものです。

閲覧されてる方を不快にする訳では御座いませんが、建築には馬鹿棒(ばかぼう)と名称の棒があります。

 

スケールやメジャーみたいに数値が記載されてるものって便利ですがイージーミスが付き物です。馬鹿棒はそんな間違えをなくす為のものです。

 

誰でも馬鹿棒を押さえておけば間違いはない。名前の由来は左官屋さんからみたいですね。

 

治具は馬鹿棒と同じです。

間違えをなくし精度を高めるためのものです。

上記の治具はこの様に使用します。

これを~
f:id:residence5103:20171013161456j:image

あてがって格子を間配りします。

分かりますか?
f:id:residence5103:20171013161534j:image

格子を溶接接合していきます。

溶接はTIG(てぃぐ)としました。
f:id:residence5103:20171013161853j:image

どうです?ゲートらしくなったと思いませんか?(*´ー`*)
f:id:residence5103:20171013162108j:image

2台目も無事完成。
f:id:residence5103:20171013164408j:image

格子の上下にはFB(フラットバー)を設けました。少し写りが良くないですが、、、
f:id:residence5103:20171013162225j:image

 

なんだかんだこのゲートは600kg/台しかありません。一言で申せば軽いです。

しかし過剰な位の戸車を買いました。
f:id:residence5103:20171013162408j:image

2000kgのゲートでも耐えうる戸車です。

結構高かったです。
f:id:residence5103:20171013162845j:image

戸車を付ける下地です。
f:id:residence5103:20171013162931j:image

穴が2つ開いてますが、そこに戸車を取り付けます。穴が長細く空いてるのは既設のレールに乗っける際、調整する為です。

(この穴のことを長穴と呼びます)
f:id:residence5103:20171013163144j:image

この台形みたいな鋼材ですが
f:id:residence5103:20171013163222j:image
f:id:residence5103:20171013163237j:image
f:id:residence5103:20171013163322j:image

戸車を隠す意味合いと強風時の転倒防止を兼ねました。

 

こちらは取り付け時に説明しますがストッパーです。
f:id:residence5103:20171013163503j:image
f:id:residence5103:20171013163533j:image

ゲートは全長が長いため4トンロングのトラックをリースしました。

いよいよ溶融亜鉛メッキ(ドブ浸け)をしてもらいます。
f:id:residence5103:20171013163709j:image

 つづく