小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

アトラとセーバーソーのご紹介

以前もアングル(L型の鋼材)の穴開けでアトラを少しだけ紹介させて頂きましたが、今回も出番がありましたので再出演させちゃいます。

 

前に外部を直したサイロですがまだ雨漏れもれしてるとの事。原因はなんだろう?まず足場を組みました。

f:id:residence5103:20170603061332j:image
上に上がってみたら↓のアングル補強材が怪しかったのです。
f:id:residence5103:20170603060251j:image

外壁のたわみ防止の為にアングルを溶接接合してるのまでは良いのですが、アングル上部から雨が入りその水が抜け難いのでアングル内部で腐食してると考えられる。

 

調査の為にアングル下部を取り除こうとなったのですが、この場所は粉塵爆発が懸念されるので火気厳禁となっておりいつも頭を悩ませます。何故ならサンダーやらアーク溶接、ガス切断等が使用出来ないからです。
f:id:residence5103:20170603062047j:image

 

火気を使用せずにアングルを切断するのはアトラ+セーバーソーが1番適してるかな?

下の画像はアトラ(日立工機のライトボーイ)です。強力な磁力でアングルにくっつきます。
f:id:residence5103:20170603060850j:image

この状態で穴を開けていきます。
f:id:residence5103:20170603061008j:image

見栄えは良くありませんが複数穴を開けました。
f:id:residence5103:20170603061045j:image

次に下の画像のモノがセーバーソーと言う工具です。ジグソーが大きくなった感じですね。板厚6mm位ならセーバーソーで切断出来ます。
f:id:residence5103:20170603061236j:image

流石にセーバーソーで切断しながら写真撮影は出来ませんでした。

f:id:residence5103:20170603061727j:image

こんな地道な作業を八箇所行いましたが漏水の原因と思われるピンホールは見当たらず今時点でも「どうしたものか」状態です。

 

話は変わりまして長年かけてお腹を育ててきましたから少しでも元に戻そうと粉寒天を買ってみました。
f:id:residence5103:20170603062224j:image

牛乳500CC、砂糖大さじ1で温めて粉寒天小さじ1を加え15分弱火で煮込んだら牛乳寒天の完成です。

 

温まってから寒天を投入し
f:id:residence5103:20170603062508j:image

ひたすら15分程かけ混ぜながら温めます。
f:id:residence5103:20170603062525j:image

コーヒー寒天など日々レパートリーが増えて楽しいですね。
f:id:residence5103:20170603062710j:image

 体に変化がありましたら報告しますね(*´ー`*)