小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

めだかの学校は~的な雑談

知人に強烈な個性の持ち主おります。その方はOさんと言う方です。

ある朝方、Oさんからの着信履歴がありました。

 

「ん?何か現場のトラブルかな?」

 

朝8時から複数件の着信履歴があるなんてトラブルに違いない。

私は打ち合わせの途中でしたが気になったので折り返しの連絡をしました。

 

Oさん「木こりちゃーん!めだかいるーっ?!」

木こり「えっ?」

Oさん「めだか受け取ってよー!」

木こり「めだかの知識なんかないし死なせてしまったら可哀想だし・・・」

Oさん「じゃあ決まりね!後日渡すから!」

ガチャ・・・ツーツー・・・

 

Oさんと言う方、毎日コレと言ったテーマがある方でそのテーマを達成させるためには手段を選びません。

 

電話を終えた後「まぁ数日経てばOさんも忘れるだろう」と踏んでましたが2日後再び電話がかかってきて・・・

 

Oさん「木こりちゃん木こりちゃん!!約束のめだかを木こりちゃんの会社に持ってくよーっ!!」

木こり「会社は人目に付くしめだかは取りに行くので・・・」

Oさん「昨日今日の付き合いじゃないんだから遠慮しないでよ!持っていくよ!」

ガチャ・・・ツーツー・・・

 

本当に困ります( ̄▽ ̄;)

机の上に堂々と置かれた水槽。

致し方なく車で持って帰りました。

川崎から鎌倉まで水が揺れてめだかに負担がかかるので最徐行。後続車には煽られるわでこれは一体どんなプレイなんだ?と思いながらめだかを運びました。

 

取り敢えずテーブルの上に仮置きしました。

この子達はヒメダカちゃん。一般的なめだかだそうです。水槽はおおよそ30cmまっ角でガラス製です。

f:id:residence5103:20170602181411j:image

私が近づくと隅っこにバタバタ逃げます。

可哀想に、ストレス感じてるんだなぁ。
f:id:residence5103:20170602181658j:image

私にめだか飼育の知識がなくて水槽の水を足したくてもカルキ抜きが必要みたいで暫くの間めだかちゃんの環境は最悪でしょう。

 

でも本日色々めだかグッズを購入したのでもう少しだけ辛抱してね(-∀-`; )

 

めだかに詳しくないと繰り返し申しましたが、実はめだかが好きで後には安芸三色めだかと言う品種を飼おうと思っていたのです。

 

ここ最近、デスクワークが多くブログを怠ってましたがこれからはめだかちゃんの進展もアップしますね(*´ー`*)