小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

鉄骨建て方

冒頭から脱線ですが、先日尾崎裕哉さんのCDを買いました。
f:id:residence5103:20170424021946j:image

尾崎豊さんの息子さんです。

私は尾崎豊さんフリークで最初の「ダンスホール」から最後の「DANCE HALL」まで私自身の成長と共に幾度となく聴かせていただきました。尾崎豊さんには大きく区分けすると前期と後期があります。

 

先週、NHKで尾崎裕哉さんの特集が放送されてたので観たところ周りの方が言われるほど声は似てないかな?と思いました。でも、、、なんだろう。この心を掴まれる感じは。

 

気になったので楽天でCDを購入しました。

あぁ、声質は確かに前期の尾崎さんに似てるかも知れない。でも音質は繊細で声質はとても優しい。心を揺さぶる感じはお父さんの遺伝子を引き継いだかな?でもお父さんは偉大過ぎるので背負わないでほしいな、など色々感慨深いモノがありました。

とまぁ語り出すと尽きません。

 

では本題に入ります(-∀-`; )

この週末に簡易的な鉄骨建て方をしました。

 

前に「問題」と題した鉄骨です。

 

あまり公に出来ないので雑なボカシ加工してますがご了承ください。

 

鉄骨を搬入しました。

f:id:residence5103:20170424023631j:image

開口部の両端にアングル(L75)を打ち付けます。ケミカルアンカーM16を50cm間隔で固定。完全に締め付けず少しだけルーズにしてます。

f:id:residence5103:20170424023655j:image
f:id:residence5103:20170424023912j:image

アングルの穴開け加工にはアトラと言う電動工具を使用します。アトラとは強力な磁石で鋼材に張り付きながらボール盤機能で穴を開けるモノです。
f:id:residence5103:20170424063551j:image

 

基礎は先行して作ってました。

この小さいの、、、「鉄ダンゴ」と言う製品です。この1つで5トン耐えられます。(左右合わせて10トンの計算)です。鉄ダンゴは鉄骨の高さを調整する役割の製品です。(通常は先行してモルタルで高さ調整します。そのモルタルは丸く形成する事から饅頭と呼ばれてます。)

f:id:residence5103:20170424025305j:image
f:id:residence5103:20170424025317j:image

鉄骨を組み立てます。

大きいプラモデル感覚です。

職方は厳選した三名、つわもの達です。
f:id:residence5103:20170424024024j:image

高所からの撮影。

重機は25トンのラフターです。

ちなみにこの鉄骨はおおよそ4トン程です。
f:id:residence5103:20170424024203j:image

鳩がやって来ました。

現場を和ませてくれます。
f:id:residence5103:20170424024659j:image

そのおじさん達は下ネタしか言わないから気を付けてっ!

 

さて何をするのかと言いますと、、、

f:id:residence5103:20170424024345j:image

おりゃ

f:id:residence5103:20170424024402j:image

おりゃ

f:id:residence5103:20170424024434j:image

重いっ!もうちょい!

f:id:residence5103:20170424024510j:image

ぱたり

f:id:residence5103:20170424024542j:image

アングルを先行して付けた理由は鉄骨を引っ張り過ぎると危険なので転倒防止のストッパーの役割を果たせる為でした。

また何故地面で鉄骨を組み立てたのか、それは庇(ひさし)が邪魔で柱や梁を分けて組み立てる事が困難だったからです。この施行方法が1番簡単だとチャレンジしてみましたよ。事実半日で終わりましたし。

f:id:residence5103:20170424025111j:image

またしても鳩が。

上棟祝いなのでしょうか。
f:id:residence5103:20170424025434j:image

結局この鉄骨は何かと申せばシャッター下地の為の鉄骨なんです。

今時点でシャッターは付いてますが、劣化でいつ故障してもおかしくないので更新するのです。

分かりにくいかも知れませんが、トラス梁の部分にシャッターBOXが付く予定です。

(大きさは有効寸法でW10m×H9m)

f:id:residence5103:20170424025750j:image

 

以上、鉄骨建て方のご紹介でした。

P.S. DIYとはまた関係なかったな( ̄▽ ̄;)