読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

土地購入の苦悩

データを整理してたら我が家を工事してる時の写真が少し出てきましたのでアップさせていただきますね。

 

ホント持ち金無しでよく土地から探して家まで建てたものです。写真見ながら苦しかった時期を思い出しますね。
f:id:residence5103:20170418181043j:image

 

土地を探してた時は毎週狂ったように鎌倉通いしてました。土地はネットで簡易的に探せますが売地の住所は流石に掲載してないのでGoogleストリートビューでひたすら場所を探し当てては現地確認してました。

f:id:residence5103:20170418181540j:image

10年程建て売りに住んでましたが、売買が成立した辺りで鎌倉の不動産の門を叩きました。やはり地元の不動産です。土地感に優れています。お陰様で色々な土地を見せていただきました。でも最終的に担当者と折り合いがつかずそこの不動産とは疎遠となりました。

f:id:residence5103:20170418182106j:image

不動産に見切られた私は途方に暮れましたが気分を変えて空き地を探す事にしました。

何故見切られたのか?その理由は契約の1時間前に契約破棄を告げたからです。しかし、納得がいかないお金の問題が多々ありましたのでこの判断は間違えではないと今でも信じています。

 

話を戻しますが空き地って案外見つかるものです。空き地から土地購入に至るまで必要なのは「地番」です。住所ではありません。

地番は㈱ゼンリンのブルーマップがあれば簡単に分かります。しかし、ブルーマップは高額なんですよね。

 

空き地を見つけて地番を調べれば法務局で空き地の持ち主を調べることが出来ます。

f:id:residence5103:20170418185942j:image

空き地の持ち主が分かれば後は直談判となります。しかし、そうやって調べているうちに気付いた事があります。何故空き地のまま放置してるのか?大体ワケありなんです。例えば遺産相続のゴタゴタとか。

 

少し方向性を変えてみました。

f:id:residence5103:20170418190643j:image

 競売物件を探してみたのです。

それこそ正真正銘のワケあり物件です。

しかし、競売物件は土地を選ばない方なら安くて良いのですが販売場所は限られています。まして鎌倉には物件数がありません。

ホント中々上手くいかないものです。

 

ある不動産の方からこんな事を言われました。鎌倉より地価が高い場所は沢山ありますが、鎌倉と言う土地だけはお客様が気に入ったからと言って買える場所ではなく鎌倉に好かれなければ住めない場所なんですと。

ブログでは書ききれない苦悩を考えるとその教えをすんなり受け止めました。

f:id:residence5103:20170418191337j:image

毎朝4時に起きて出勤までの間ネットで土地探しをしてましたが、ある日ある不動産を見つけました。それは東方ハウス湘南です。

ここの担当者は若くハツラツとされてたので私はこの若い方に賭けてみようと考えました。

f:id:residence5103:20170418191752j:image

まんまと思い知らされました。

若いと言うだけで心の隅で見下してたのかも知れません。この方本当に凄い人でした。

いつかは政治家になられるかも知れません。

 

この担当者のお力添えで破格な値切り交渉が成立し無事土地を買えました。ちなみに今時点でその方は町田支店におられます。

f:id:residence5103:20170418193021j:image

 

建物は建物でまた苦労しました。

私自身、億単位の突貫工事と新築工事がブチ当ってしまいましたので人生の中で1番忙しかったかも知れません。

 

家は自然素材に拘りました。

土壁や漆喰だけはセルフビルドにさせてもらいました。土地が高過ぎて家に予算をかけられなかったんですけどね。

 

よく「持ち家が良いの?賃貸の方が安くない?」と耳にしますが確かに賃貸の方が安いです。でも長期だ考えるとその差は僅かなんです。

 

これから土地探して~と言う方が居られましたらたたき台のプランニングなど無料で行いますのでお気軽にお声かけください。