読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

ほのぼの

最近遊びに来てくれるキジバトの太郎と花子。毎朝ご飯を催促する様になりました。
f:id:residence5103:20170410064510j:image

ドバトと違いキジバトは群れないそうです。

確かに1羽か2羽でいるイメージがあります。またドバトと違って人になつきません。

同じ鳩でも特徴が違うのですね。

 

ついこの間、ある場所に鳥が亡くなってました。この子はツグミですね。
f:id:residence5103:20170410065119j:image

 夏は鳴かなくなり口を噤む(つぐむ)のが名前の由来ともされています。

自宅の紅葉付近に埋葬しました。

成仏して下さい。

 

鳥小屋について調べてましたら鳥の入口の穴についてこんな事が書かれてました。

穴が30Φだと雀が入れる。

27Φだと穴が小さ過ぎて雀が入れない。
f:id:residence5103:20170410065833j:image

メジロを呼びたい時は27Φの穴を開けるそうです。実に奥が深い。

雀もあと3mmダイエットしないとね。

 

サギを初めてみましたよ。

よくよく観察すると目がかなりイってます。
f:id:residence5103:20170410070729j:image

サギは殆ど1日同じ場所にいました。

 

他所様のデッキで日向ぼっこ。

今日はここから絶対に動かん。
f:id:residence5103:20170410070900j:image

 

私が「リス、こっちおいで」と言ったら知らない子供たちも真似てリスリス、こっち来いと連呼してました。リスと命名されちゃいましたね。すみません。
f:id:residence5103:20170410071014j:image

 

江ノ島の雀たちが
f:id:residence5103:20170410071558j:image

湯河原にもいました。
f:id:residence5103:20170410071811j:image

 

去年亡くなってしまった野良のタンちゃん。片目がないのであしたのジョーの丹下氏を連想して皆は丹下と呼んでましたが可哀想だから私はタンちゃんと呼んでました。

ネズミも恐れぬ程に優しい猫でした。

f:id:residence5103:20170410073203j:image
f:id:residence5103:20170411122111j:image
f:id:residence5103:20170411122134j:image
f:id:residence5103:20170412175412j:image

 

テケテケー

f:id:residence5103:20170411121446j:image

 

忙しいという字は「心編」に「亡びる」と書くのであまり良くない言葉ですが、ついついあー忙しいと言ってしまいます。

ある方とのお約束も果たせてないしDIYも紹介出来ないし。

でも来週からお約束もDIYも進行しますね。