小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

枕木の擁壁と物置デッキ造り ~その1~

前回デビューしたチェーンソーですが、枕木のプランターを掘ってから切れなくなってしまいました。

 

そー言えば切ってる時に刃先から煙が出てたなぁ。もしかしてチェーンの刃が焼き付いちゃったかな?

 

ヤフー知恵袋で検索したら私の同じ症状の人が質問してました。結局手入れが必要みたいです。「目立て」と言う研ぎをしないとダメみたいですね。

 

目立ては手動で研ぐか電動で研ぐかの二択。

私は簡単な電動タイプを購入する事にしました。

 

研ぎ名人(ニシガキ)N-823
f:id:residence5103:20170225024718j:image
f:id:residence5103:20170225024847j:image

実際チェーンを研いでみます。
f:id:residence5103:20170225024931j:image

上から見たらこんな感じ。私でも簡単に出来ます。
f:id:residence5103:20170225025022j:image

しかし残念な事に研いでもチェーンソーは切れないまま(-∀-`; )こりゃー完璧に刃先が焼き付いたな。そんな事もあるだろうとチェーンも買っておきました。
f:id:residence5103:20170225025216j:image

なぜ焼きついてしまったのか。オイル不足だったからです。これからはオイルにだけは気を配っておきます。

それにしてもこのバッテリー、脱着が簡単です。昔のバッテリーは取り外すのに苦戦してました。不便を知ってるからこその感激ですわ。
f:id:residence5103:20170225025451j:image

 

結局私が何をしたいのかですが、この土地を購入する決め手となったこの山モミジ。随分と斜面に生えているので倒れないかずっと気になっているのです。
f:id:residence5103:20170225025638j:image

この土地のシンボルツリーですからね。

園芸屋さんみたいに支え棒みたいなものをするにも足元が急斜面過ぎて困難です。せめて支え棒を設置する為の擁壁を作ろうと思った次第にございます。

また下の画像の階段下もかれこれ1年半位こんな状態で植栽を手入れする訳でもなくデッドスペースとなり勿体ないので物置スペースにしようかと。
f:id:residence5103:20170225030102j:image

まずは枕木の擁壁からです。

 

その前に勝手に山に入るのですが、念のためお伝えしておきます。

この山はお寺さんが所有していて前に木の越境を何とかしてほしいと交渉にいきました。

 

木こり「好んで勝手に土地を購入してるので枝の越境は良いのですが、高木なんかは積雪の際、枝に溜まった雪が屋根に落ちてきたら危険です。危ない枝だけでも伐採していただけませんか?市にも県にも相談しましたが双方共に所有者様に相談して下さいとのことでした。」

 

住職様「市の野郎!県の野郎!!散々伐採を依頼してるのに!(怒)ウチはそう言った事をしてませんので勝手に山に入って枝を切るなりタケノコを取るなり自由にしてください。」

 

てなやり取りがあったので自由に使わせて頂いてるのです。

 

作業に夢中になりあまり写真がないのですが、、、枕木を交互に積み上げて行きます。

正面の小口は45度に切断し少し変化を与えてみます。
f:id:residence5103:20170225031016j:image

タコで土や砕石を突き固めます。
f:id:residence5103:20170225031132j:image
ひたすらこれの繰り返しで積み上げてます。
f:id:residence5103:20170225031310j:image

鳩がギャラリーとなってくれてます。

鳩「お、島荒らしか??」
f:id:residence5103:20170225031439j:image

木こり「工事のご理解とご協力をお願い致します。」
f:id:residence5103:20170225031609j:image
f:id:residence5103:20170225031726j:image

完成ではありませんが枕木がなくなってきたのでひとまずここで中断し物置の方を手掛けます。
f:id:residence5103:20170225031913j:image

 

枕木擁壁と物置デッキ造り ~その2~につづく