小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

湯河原での解体工事 ~その1~

同社、他支店の方から連絡がありました。

「湯河原で解体工事があるんだけど・・・」

人格疑われてしまうでしょうが、ハイエナ根性がある私は解体=資材ゲットの方程式が常々あり、役所関連の申請図面などを二つ返事で了承してしまいました。しかし、職場の川崎からはエラい遠いので失敗したなぁと思ってしまいます。

 

そうは言ってもそもそも湯河原は縁がある場所ですので心の中ではルンルンなんですよね。

 

千歳川は風情感じます。
f:id:residence5103:20170224193541j:image

鴨もいますし
f:id:residence5103:20170224193744j:image

メジロもいます。
f:id:residence5103:20170224193847j:image

足湯なんか入ってると「何しに来たんだっけ?」と訳分からなくなります。仕事に来てるんですけどね。
f:id:residence5103:20170225021417j:image

 

さて、解体現場ですがこちらの建物です。
f:id:residence5103:20170224194150j:image

この建物、昔だから仕方ないのですがバリバリ違法建築物なんです。その説明は解体工事~その2~でさせていただきます。

 

保養所だったこの建物、内部は結構好みです。入口にはお風呂ののれんがあります。
f:id:residence5103:20170224195655j:image

振り子時計、、、いいかも
f:id:residence5103:20170225021503j:image

各部屋入口なんか昔風でいい感じ。
f:id:residence5103:20170224200008j:image

部屋はこんな感じ。和風ですね。
f:id:residence5103:20170225021543j:image

飢えてる私は和風だの風情だの関係なく木材ばかり見ています。桜は偽物か?偽物なのか!?
f:id:residence5103:20170225021610j:image
f:id:residence5103:20170225021732j:image
私以外の方は解体現場=廃材としか思ってないみたいです。なぜ私が鼻息荒く木材を見てるのか首をかしげてます。
f:id:residence5103:20170225021802j:image

このひねり具合がいいね。これだけは貰おうかな。これから造る数奇屋門に使えるかも↓
f:id:residence5103:20170225022022j:image

囲碁や将棋も勿体ないな。差し上げたら喜ぶ人もいるだろうに。
f:id:residence5103:20170225022047j:image

解体工事~その2~では私が作図したCAD図面をアップしますね。

役所関係の申請も無事間に合いいよいよ解体スタートです。