小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

枕木の擁壁と物置デッキ造り ~その3~

デッキ造りの続きをお話します。

前回、柱の加工をしました。

(柱=手すり柱です)

 

地味な作業ですが取り敢えず柱だけひたすら加工しました。ピンコロは各々高さが違いますので柱の足の長さで調整してます。
f:id:residence5103:20170319052600j:image

どう頑張っても柱1本の加工で50分程かかってしまいます。

次に通し貫(ぬき)を入れます。

下の写真はホゾに通し貫を差し込んだだけの状態です。材料はヒノキの105×27を使用しております。
f:id:residence5103:20170319052725j:image

大引き(おおびき)を入れます。

大引きは見えなくなるのでランダムサンダで磨いてません。(疲れてしまったので汗)
f:id:residence5103:20170319053147j:image

レーザーレベルで高低差を確認してますので不足した寸法だけパッキンをかまして水平を出しました。

柱に欠き込みを入れた理由は大引きを固定する為です。ちなみに確認申請不要のデッキ造りなので建築金物は使用しておりません。(節約しなきゃ)
f:id:residence5103:20170319053720j:image

端っこは更に柱を建てたいので大引にホゾを掘りました。
f:id:residence5103:20170319053611j:image
f:id:residence5103:20170319053640j:image

 

毎日鳥の餌をあげてますが鳩のタロちゃんは最近餌を催促するまでに至りました。
f:id:residence5103:20170319055220j:image
f:id:residence5103:20170319055327j:image

小鳥用の餌に台湾リスがロックオンしたようです。

f:id:residence5103:20170319055800j:image
すたすたっ
f:id:residence5103:20170319055450j:image

この状態では食えん!
f:id:residence5103:20170319055508j:image

毎日ゲストがいるので飽きません。

 

次に根太(ねだ)を入れます。

根太は通常細い材料を使用しますが大引きと同形の90×90のヒノキです。

流石に材料が足りなくてツギハギ的になってしまいました。
f:id:residence5103:20170319055741j:image

大引きや根太の固定で柱も真っ直ぐに微調整しましたので通し貫にクサビを入れます。

クサビは通し貫の木っ端を加工して作りました。木目柾目の向きを気をつけないとクサビは割れてしまいます。
f:id:residence5103:20170319055924j:image

柱の天端に笠木(かさぎ)を付けます。

笠木はヒノキの150×40を使用してます。

木材には木表と木裏がありますが後々の反りを考えて木裏を上にしています。
f:id:residence5103:20170319060441j:image

笠木の取り付けは木キリで穴を開け、その穴にビスで打ち込みます。
f:id:residence5103:20170319060553j:image

木工ボンドをセブンで買ってきました。
f:id:residence5103:20170319060626j:image

木栓(ダボ)を打ち込みます。
f:id:residence5103:20170319060652j:image

木栓切断。
f:id:residence5103:20170319060816j:image

ランダムサンダで磨きます。
f:id:residence5103:20170319060844j:image

これでビス隠しになります。
f:id:residence5103:20170319060910j:image

床材張りまでは間に合わなかった。

体力がなくなったなぁ。
f:id:residence5103:20170319061019j:image

続きます。

 

湯河原での解体工事 ~その3~

建家の上物の解体が終わったとの連絡があり確認に行きました。今日は運転してくれる方がいたので楽ちんでした。

片道2時間の現場ですが現地での確認はたったの15分、帰りも2時間を要します。

せっかくの遠出だから美味いとこでご飯にしようとなりーの一体私達は仕事をしてると言えるのだろうかと自問自答してしまいます。

 

解体現場風景
f:id:residence5103:20170313145443j:image
f:id:residence5103:20170313145508j:image

 

帰りに寄った福浦のみなと食堂
f:id:residence5103:20170313145650j:image
f:id:residence5103:20170313145721j:image

 

いつかは食べてみたい金目鯛の煮付

高いなぁ(-∀-`; )
f:id:residence5103:20170313145822j:image

 

相席したグループの方が頼んでたドデカイ煮付け。なんの魚なんだ??
f:id:residence5103:20170313150032j:image

あまりの大きさに驚いてたら一番に取り分けてお裾分けしてくれました。感謝┏○ペコッ
f:id:residence5103:20170313150154j:image

これだけでお腹いっぱいです。

 

私が頼んだ金目鯛定食もきました。

f:id:residence5103:20170313150328j:image
f:id:residence5103:20170313150353j:image

凄く美味しいです。

食べログ調べたら3.5でした。そりゃ美味しいですわ。

お裾分けしてくれたグループの方は3日前も来られた様でお住いを伺ったら埼玉とかなんとか。朝6時半に家出て10時半に食堂に着いたとか。

千葉だろうが鎌倉だろうが美味いもの求めて何処でも毎日食べに行くと言われてました。一体何をされてる方なんだろう?

 

 金目定食も知人に奢っていただいきました。

とにかくご馳走様でした。

枕木の擁壁と物置デッキ造り ~その2~

鎌倉の土地を購入した時ですが、敷地に多くの植栽が植わってました。その理由は「緑化条例」と言う決まり事があるからです。

緑化条例とは敷地面積の○○%は緑化面積にしなさいと言った内容です。用途地域によって○○%は変わります。

 

でも実際家を建てる時、それらの植栽が建物等に干渉して移設するハメとなり結果として枯れさせてしまうので売地に対する条例の在り方に少しだけ疑問を感じてしまいます。

 

で、何が言いたいのかと申せば緑化条例の植栽が私の思想と合致しないので邪魔に感じてしまうのです。木々は好きなので邪魔と表現するのもなんですが、枯れさせる訳にもいかないので結局勝手に山に植えたりして。

 

外階段の植栽は山へトラバーユ致しました。

植栽や土を運ぶ作業が地味に大変なんです。

f:id:residence5103:20170312123622j:image

 

作業に取り掛かります。

ピンコロ(束石)置くところを適当に計算して土と砕石を転圧(てんあつ)にて地固めします。※1800mm以下の間隔にして下さい。
f:id:residence5103:20170312124037j:image

セメントの空練りで砕石の隙間を目潰し。

f:id:residence5103:20170312124123j:image

 

モルタルを敷きます。少し固めに練りました。
f:id:residence5103:20170312124309j:image

 

ピンコロを乗せます。

この羽付きのピンコロ150ですが1つコーナンで550円前後です。他のホームセンターでは堂々と850円程で売ってたり、ネットでは2000円以上で売ってるのも見かけた事があります。お気を付け下さいませ。
f:id:residence5103:20170312124333j:image

 

ハンマーの柄の方でコツコツ叩き水平器を確認しながらピンコロ天端を水平にします。復唱しますがモルタルは少し固めの方がやりやすいです。
f:id:residence5103:20170312124528j:image

モルタル攪拌(かくはん)中
f:id:residence5103:20170312124544j:image

最初からセメントと砂が混ざっているハイブリッドモルタルを使用しましたが、環境の良くない場所で1年程保管してた品物なので殆ど硬化しちゃってて・・・とにかく無駄に疲れました。

ピンコロ下のモルタルが硬化してきたら更にモルタルでピンコロの廻りを固めます。

防草対策で砕石を撒きましたが材料が足りない( ̄▽ ̄;)苦肉の策で固まってたモルタルを砕いて撒きました。
f:id:residence5103:20170312124748j:image

元々の花壇より物置を広げる計画です。

花壇より外にピンコロを添えました。
f:id:residence5103:20170312124932j:image

 

追記ですが各々ピンコロの高さはマチマチでも構いません。大事なのはピンコロが水平に設置されてるか否かです。

 

レーザーレベルで各ピンコロの高さを調べます。
f:id:residence5103:20170312125135j:image

この画像だと150mm辺りにレーザーが見えてます。見えますか?
f:id:residence5103:20170312125154j:image

 

フリーハンドは画伯レベルといつも笑われてしまいますが各レベル(高さ)を記載。1番高いピンコロを基準としました。
f:id:residence5103:20170312125244j:image

 

まずは柱を加工していきます。

日立工機のC12RSHでバタ角90×90を1発切断。普通の丸のこでバタ角を回しながら切断すると木材の精度が良くないので狂いが生じます。
f:id:residence5103:20170312125342j:image
f:id:residence5103:20170312125444j:image

 

レベルの数値で計算し墨付け。墨がないから赤鉛筆で罫書きましたが見にくいかな?
f:id:residence5103:20170312125505j:image

ホゾの罫書き。画伯の本領発揮!
f:id:residence5103:20170312125643j:image

欠き込みの罫書き
f:id:residence5103:20170312125658j:image

 

まずはホゾを掘ります。

日立工機のBS30カクノミで掘っていきます。
f:id:residence5103:20170312172603j:image

ノミで掘ると凄い大変なんです。
f:id:residence5103:20170312125830j:image

角ノミは30mmを使用してます。

(縦横30mmの穴が開きます)

f:id:residence5103:20170312125957j:image

それを繰り返し開ければホゾが掘れます。
f:id:residence5103:20170312130012j:image

一つの柱に2つのホゾを掘りました。

f:id:residence5103:20170312130106j:image

 

次に柱の欠き込みを行います。

日立工機の電子ルータM12V2を使用します。

キリはストレートビットを使用。

この様にシャコ万(しゃこまん)であて木を定規代わりにします。
f:id:residence5103:20170312165456j:image

欠き込みの下部を切断中
f:id:residence5103:20170312165828j:image

切断後。彫り込み深さが15mmになる様に調整してます。
f:id:residence5103:20170312165853j:image

同じ様に欠き込みの上部も切断
f:id:residence5103:20170312165937j:image

上下を切断したら真ん中は適当に切断します。イメージ伝わりますか?
f:id:residence5103:20170312170033j:image

ちょっとしたバリなどはノミで調整。

写真の大きなノミは「突きノミ」と言います。
f:id:residence5103:20170312170159j:image

ちなみに本来ルータはこの様な使い方はしません。家具の装飾だったり木材を精度よく切断したりするのが本来の使い方ですが、どうすればこの様な欠き込みが楽に出来るかとずっと考えていましてね。このやり方が案外楽なんです。(丸のこの切断深さを15mmに合わせて数多く欠き込み部分を切断しノミで落とすのが一般的です)

 

最後に柱をペーパー掛けします。

マキタのランダムサンダで磨きます。
f:id:residence5103:20170312170719j:image

バタ角と言いましたが素材はヒノキですからね。磨けば綺麗になります。

ペーパーヤスリは最初粗い60番で削り仕上げは400番で磨きました。家具なら800番以上で仕上げた方が良いと思われます。

 

硬化したモルタルの処理で時間も体力も消耗してしまいましたので今回はここまでとなります。

 

 

草花・庭木が好きな方へ

私は庭木が好きなんですが、皆さん植栽を何処で買っているのでしょうか。

近くの花屋さんですか?

それともホームセンターでしょうか??

いやいやウチは植木屋さんに頼んでますよって方もいるとは思いますが、植栽って案外販売店が少ないんですよね。

日比谷花壇さんなんか私には高級過ぎるし汗

長年あちこち行ってここはお勧め出来る!って園芸屋さんを勝手に紹介しちゃいますね。

 

■JA東京あおば

東京都練馬区桜台3-35-18

JAでも珍しく植栽を販売してる東京あおば。2ヶ月前に行った時は庭木が全く売ってなくて驚きましたが店員さんに伺ったところ冬季だからと言われて少し安心しました。花・観葉植物・盆栽・庭木が安く販売されてます。

駐車場無料

おすすめ度★★★

 

■㈱渋谷園芸

 東京都練馬区豊玉中4-11-22

ナビがないと少し分かりにくい場所にありますが、渋谷園芸さんの敷地は広いです。この間久々に行きましたら、いつの間にかリニューアルされてました。より楽しく買い物が出来るようになりましたね。植栽もプランターも雑貨も見たことない珍しいモノも多く取り扱ってますので拘りがある方には最適です。値段はちょっぴり高め。

駐車場無料

おすすめ度★★★★

 

■木村植物園

神奈川県平塚市土屋241

東京・横浜からはエラい遠いですが植栽好きな方でしたら行く価値があります。バリアフリーだったり通路幅が広かったりレストランがあったりで小さなお子様連れでも安心出来るでしょうね。庭木も花も多く販売されてますし雑貨なんか見てて楽しいので半日ゆっくり出来ます。

駐車場無料

おすすめ度★★★★★

 

■ワールドフラワー

横浜市都筑区牛久保1-1-5

販売面積は狭いです。アッと言う間に店内見終わってしまいます。しかしここの激安っっぷりは半端じゃありません。基本的に花の販売専門ですが特に胡蝶蘭なんかこんな価格でいいの?って驚いちゃいます。お花好きの方にお勧めです。

駐車場無料

おすすめ度★★★

 

■グリーンファーム金沢本店

 横浜市金沢区釜利谷東4-49-7

ここは庭木も花も雑貨も農具や土、プランターなど満遍なく販売されてます。プランターは特殊の大型タイプも置いてありますし、店舗内にあるスーパーは野菜が良質ですし極めて便利なお店です。庭木は地植えしてるので高木もありますよ!

駐車場無料

おすすめ度★★★

 

■京葉バラ園

千葉県八千代市大和田 新田775

バラを見るのがメインですが販売スペースもあります。珍しいバラが多く例えばディズニーのバラなんかも売ってますし強香なバラも多く取り扱っています。バラを買うならここがお勧めです。だだっ広いので1日楽しめると思います。

駐車場無料

おすすめ度★★★★

 

■つるみ園芸

横浜市鶴見区駒岡5-1-8

陳列が整っていて観葉植物も花も庭木(地植え)も揃っています。黒土はダンプなどでも詰め込めるので業者の方も来られてますね。プランターも珍しいのが揃ってます。母の日などギフトするのにお勧めです。

駐車場無料

おすすめ度★★★

 

■大塚園芸

横浜市鶴見区駒岡4-41-6

1番お勧め出来る園芸屋さんです。庭木がべらぼうに安いです。プランターなのに超高木=手入れが良いのだと思われます。果樹を沢山置いているのでメジロムクドリも集まり鳥天国です。盆栽も他店に比べて安い、花もセット売りしてて安い。上記のつるみ園芸とは目と鼻の先にあり相乗効果も相まっておすすめ度はぶっちぎりです。

駐車場無料

おすすめ度★★★★★

 

~大塚園芸の植栽の一例を紹介します~

カリン ¥100.000-
f:id:residence5103:20170301214806j:image

 

グミ(真ん中) ¥6.000-
f:id:residence5103:20170301215227j:image

 

ポンカン ¥45.000-
f:id:residence5103:20170301215419j:image

 

いろはもみじ ¥8.000-
f:id:residence5103:20170301215732j:image

河津桜 ¥50.000-
f:id:residence5103:20170301220215j:image

 

ロウバイ ¥8.000- これは私が買いました。
f:id:residence5103:20170301220611j:image

他にもツゲがあったり
f:id:residence5103:20170301220646j:image

 

もみの木があったり
f:id:residence5103:20170301220724j:image

 

盆栽があったり
f:id:residence5103:20170301220756j:image

 

植栽好きなら大塚園芸は行くべきです。
f:id:residence5103:20170301220839j:image

 

またDIYとは関係ない話となってしまいましたとさ。めでたしめでたし。

湯河原での解体工事 ~その2~

解体工事 ~その1~でこの建物は違法建築と申しましたが、その理由をご説明致します。

 

まず平面図を添付します。建物が解体物件で上部が道路で下部が千歳川となります。

(古い建物なので当然図面のデーターがなく座標と現地測量で平面図を作成しました。)
f:id:residence5103:20170309135938j:image

下部の川との取り合いですが
f:id:residence5103:20170309135807j:image

まず護岸(擁壁みたいなもの)から川側へ土間や塀が跳ね出しています。

 

また河川(かせん)にも住宅の境界線と同じように河川区域線と言う名目の境界線が定められています。ちなみに護岸=河川区域線ではありません。

 

下の図面の赤色部分は工作物が河川区域線を超えた範囲を示しております。
f:id:residence5103:20170309140000j:image

なななんと建物まで河川区域線(境界線)を超えて建てられています。

私もかれこれ色々な建物に携わって来ましたが他所様の敷地にはみ出してまで建物を建ててる現場は初めてお目にかかります。

なんせ建ぺい率(敷地と建物の割合)100%超えてるのですから(-∀-`; )

 

こう言った経緯で河川を監理してる土木関連の申請が大変だったんです。

 

河川区域線を跳ね出してる土間等を解体する際の足場兼養生
f:id:residence5103:20170309140948j:image

同上、施行手順書
f:id:residence5103:20170309141005j:image

道路境界側の解体足場

f:id:residence5103:20170309140109j:image

図面・・・思いのほか見えませんね(-∀-`; )

工期は3月末日なので合間見てご報告致します。

 

 

枕木の擁壁と物置デッキ造り ~その1~

前回デビューしたチェーンソーですが、枕木のプランターを掘ってから切れなくなってしまいました。

 

そー言えば切ってる時に刃先から煙が出てたなぁ。もしかしてチェーンの刃が焼き付いちゃったかな?

 

ヤフー知恵袋で検索したら私の同じ症状の人が質問してました。結局手入れが必要みたいです。「目立て」と言う研ぎをしないとダメみたいですね。

 

目立ては手動で研ぐか電動で研ぐかの二択。

私は簡単な電動タイプを購入する事にしました。

 

研ぎ名人(ニシガキ)N-823
f:id:residence5103:20170225024718j:image
f:id:residence5103:20170225024847j:image

実際チェーンを研いでみます。
f:id:residence5103:20170225024931j:image

上から見たらこんな感じ。私でも簡単に出来ます。
f:id:residence5103:20170225025022j:image

しかし残念な事に研いでもチェーンソーは切れないまま(-∀-`; )こりゃー完璧に刃先が焼き付いたな。そんな事もあるだろうとチェーンも買っておきました。
f:id:residence5103:20170225025216j:image

なぜ焼きついてしまったのか。オイル不足だったからです。これからはオイルにだけは気を配っておきます。

それにしてもこのバッテリー、脱着が簡単です。昔のバッテリーは取り外すのに苦戦してました。不便を知ってるからこその感激ですわ。
f:id:residence5103:20170225025451j:image

 

結局私が何をしたいのかですが、この土地を購入する決め手となったこの山モミジ。随分と斜面に生えているので倒れないかずっと気になっているのです。
f:id:residence5103:20170225025638j:image

この土地のシンボルツリーですからね。

園芸屋さんみたいに支え棒みたいなものをするにも足元が急斜面過ぎて困難です。せめて支え棒を設置する為の擁壁を作ろうと思った次第にございます。

また下の画像の階段下もかれこれ1年半位こんな状態で植栽を手入れする訳でもなくデッドスペースとなり勿体ないので物置スペースにしようかと。
f:id:residence5103:20170225030102j:image

まずは枕木の擁壁からです。

 

その前に勝手に山に入るのですが、念のためお伝えしておきます。

この山はお寺さんが所有していて前に木の越境を何とかしてほしいと交渉にいきました。

 

木こり「好んで勝手に土地を購入してるので枝の越境は良いのですが、高木なんかは積雪の際、枝に溜まった雪が屋根に落ちてきたら危険です。危ない枝だけでも伐採していただけませんか?市にも県にも相談しましたが双方共に所有者様に相談して下さいとのことでした。」

 

住職様「市の野郎!県の野郎!!散々伐採を依頼してるのに!(怒)ウチはそう言った事をしてませんので勝手に山に入って枝を切るなりタケノコを取るなり自由にしてください。」

 

てなやり取りがあったので自由に使わせて頂いてるのです。

 

作業に夢中になりあまり写真がないのですが、、、枕木を交互に積み上げて行きます。

正面の小口は45度に切断し少し変化を与えてみます。
f:id:residence5103:20170225031016j:image

タコで土や砕石を突き固めます。
f:id:residence5103:20170225031132j:image
ひたすらこれの繰り返しで積み上げてます。
f:id:residence5103:20170225031310j:image

鳩がギャラリーとなってくれてます。

鳩「お、島荒らしか??」
f:id:residence5103:20170225031439j:image

木こり「工事のご理解とご協力をお願い致します。」
f:id:residence5103:20170225031609j:image
f:id:residence5103:20170225031726j:image

完成ではありませんが枕木がなくなってきたのでひとまずここで中断し物置の方を手掛けます。
f:id:residence5103:20170225031913j:image

 

枕木擁壁と物置デッキ造り ~その2~につづく

 

湯河原での解体工事 ~その1~

同社、他支店の方から連絡がありました。

「湯河原で解体工事があるんだけど・・・」

人格疑われてしまうでしょうが、ハイエナ根性がある私は解体=資材ゲットの方程式が常々あり、役所関連の申請図面などを二つ返事で了承してしまいました。しかし、職場の川崎からはエラい遠いので失敗したなぁと思ってしまいます。

 

そうは言ってもそもそも湯河原は縁がある場所ですので心の中ではルンルンなんですよね。

 

千歳川は風情感じます。
f:id:residence5103:20170224193541j:image

鴨もいますし
f:id:residence5103:20170224193744j:image

メジロもいます。
f:id:residence5103:20170224193847j:image

足湯なんか入ってると「何しに来たんだっけ?」と訳分からなくなります。仕事に来てるんですけどね。
f:id:residence5103:20170225021417j:image

 

さて、解体現場ですがこちらの建物です。
f:id:residence5103:20170224194150j:image

この建物、昔だから仕方ないのですがバリバリ違法建築物なんです。その説明は解体工事~その2~でさせていただきます。

 

保養所だったこの建物、内部は結構好みです。入口にはお風呂ののれんがあります。
f:id:residence5103:20170224195655j:image

振り子時計、、、いいかも
f:id:residence5103:20170225021503j:image

各部屋入口なんか昔風でいい感じ。
f:id:residence5103:20170224200008j:image

部屋はこんな感じ。和風ですね。
f:id:residence5103:20170225021543j:image

飢えてる私は和風だの風情だの関係なく木材ばかり見ています。桜は偽物か?偽物なのか!?
f:id:residence5103:20170225021610j:image
f:id:residence5103:20170225021732j:image
私以外の方は解体現場=廃材としか思ってないみたいです。なぜ私が鼻息荒く木材を見てるのか首をかしげてます。
f:id:residence5103:20170225021802j:image

このひねり具合がいいね。これだけは貰おうかな。これから造る数奇屋門に使えるかも↓
f:id:residence5103:20170225022022j:image

囲碁や将棋も勿体ないな。差し上げたら喜ぶ人もいるだろうに。
f:id:residence5103:20170225022047j:image

解体工事~その2~では私が作図したCAD図面をアップしますね。

役所関係の申請も無事間に合いいよいよ解体スタートです。