読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

マスキングアートってご存知です?

ある方からマスキングアートの存在を教えていただきました。

私なんかは工事のためのマスキングしか知らなかったのですが、調べてみると色々な種類がありますね。非常に興味を持ちました。

 

黒船ミュージアムのマスキング
f:id:residence5103:20170228160435j:image

湯河原行った帰りにちょいと伊豆下田に寄ろうとしたら湯河原から片道2時間半。

更に下田から川崎まで4時間。

マスキング1つ500円。

何かがおかしい。

 

翌日、月島で期間イベントをしているmt CASA exに行ってみました。

 

こちらのマスキングのイベントには驚きましたね。マスキングはこんなに需要があるんだと肌で感じ取れました。
f:id:residence5103:20170228163902j:image
f:id:residence5103:20170228164410j:image
f:id:residence5103:20170228164429j:image
f:id:residence5103:20170228164513j:image

この展示会(カモ井加工紙株式会社)は面白い。昨日の往復8時間は一体なんだったんだ( ̄▽ ̄;)

 

前に少しお話させていただきましたが、独立出来ない致命的な理由は「利益度外視の温情の精神」があるからなんです。

 勿論独立出来ないのはそれだけの理由ではありませんけどね。

人からは経営者にはその情は不要だ等ご指摘受けちゃいますが、でもそれを無くすと自分が自分でなくなってしまう。 気持ちだけで動くタイプなので。

 

とは言いつつ何時までもこれで良いのか?と最近葛藤もしました。

ホント相反するお話です。

 

でも本日ある8ヶ月の赤ちゃんを見てやはり私はこのままのスタイルで自分らしく行こうと決意しました。

 

人生是日々新(じんせいこれひびあらた)

松下幸之助さんの言葉です。

 

3歩進んで2歩下がる。

水前寺清子さんの歌詞です。

 

人生何一つ無駄なことなんか無い。

木こりの言葉です。

 

昔、お世話になった先輩にこう言いました。

木こり「この感謝の気持ちどうお返ししたら良いのか分かりません。」

 

そしたらその先輩にこう言われました。

先輩「その気持ちがあるなら俺じゃなく次の世代の人にお返しするんだな。今のオメーが俺にお返し出来る訳ねーだろが。」

 

色々思い出して色々吹っ切れて今日は気持ちが良いです。

 

また100人対策のブレインストーミングは間違ってないと強く感じた日となりました。

 

次に進もう!

湯河原での解体工事 ~その2~

解体工事 ~その1~でこの建物は違法建築と申しましたが、その理由をご説明致します。

 

まず平面図を添付します。建物が解体物件で上部が道路で下部が千歳川となります。

(古い建物なので当然図面のデーターがなく座標と現地測量で平面図を作成しました。)
f:id:residence5103:20170309135938j:image

下部の川との取り合いですが
f:id:residence5103:20170309135807j:image

まず護岸(擁壁みたいなもの)から川側へ土間や塀が跳ね出しています。

 

また河川(かせん)にも住宅の境界線と同じように河川区域線と言う名目の境界線が定められています。ちなみに護岸=河川区域線ではありません。

 

下の図面の赤色部分は工作物が河川区域線を超えた範囲を示しております。
f:id:residence5103:20170309140000j:image

なななんと建物まで河川区域線(境界線)を超えて建てられています。

私もかれこれ色々な建物に携わって来ましたが他所様の敷地にはみ出してまで建物を建ててる現場は初めてお目にかかります。

なんせ建ぺい率(敷地と建物の割合)100%超えてるのですから(-∀-`; )

 

こう言った経緯で河川を監理してる土木関連の申請が大変だったんです。

 

河川区域線を跳ね出してる土間等を解体する際の足場兼養生
f:id:residence5103:20170309140948j:image

同上、施行手順書
f:id:residence5103:20170309141005j:image

道路境界側の解体足場

f:id:residence5103:20170309140109j:image

図面・・・思いのほか見えませんね(-∀-`; )

工期は3月末日なので合間見てご報告致します。

 

 

枕木の擁壁と物置デッキ造り ~その1~

前回デビューしたチェーンソーですが、枕木のプランターを掘ってから切れなくなってしまいました。

 

そー言えば切ってる時に刃先から煙が出てたなぁ。もしかしてチェーンの刃が焼き付いちゃったかな?

 

ヤフー知恵袋で検索したら私の同じ症状の人が質問してました。結局手入れが必要みたいです。「目立て」と言う研ぎをしないとダメみたいですね。

 

目立ては手動で研ぐか電動で研ぐかの二択。

私は簡単な電動タイプを購入する事にしました。

 

研ぎ名人(ニシガキ)N-823
f:id:residence5103:20170225024718j:image
f:id:residence5103:20170225024847j:image

実際チェーンを研いでみます。
f:id:residence5103:20170225024931j:image

上から見たらこんな感じ。私でも簡単に出来ます。
f:id:residence5103:20170225025022j:image

しかし残念な事に研いでもチェーンソーは切れないまま(-∀-`; )こりゃー完璧に刃先が焼き付いたな。そんな事もあるだろうとチェーンも買っておきました。
f:id:residence5103:20170225025216j:image

なぜ焼きついてしまったのか。オイル不足だったからです。これからはオイルにだけは気を配っておきます。

それにしてもこのバッテリー、脱着が簡単です。昔のバッテリーは取り外すのに苦戦してました。不便を知ってるからこその感激ですわ。
f:id:residence5103:20170225025451j:image

 

結局私が何をしたいのかですが、この土地を購入する決め手となったこの山モミジ。随分と斜面に生えているので倒れないかずっと気になっているのです。
f:id:residence5103:20170225025638j:image

この土地のシンボルツリーですからね。

園芸屋さんみたいに支え棒みたいなものをするにも足元が急斜面過ぎて困難です。せめて支え棒を設置する為の擁壁を作ろうと思った次第にございます。

また下の画像の階段下もかれこれ1年半位こんな状態で植栽を手入れする訳でもなくデッドスペースとなり勿体ないので物置スペースにしようかと。
f:id:residence5103:20170225030102j:image

まずは枕木の擁壁からです。

 

その前に勝手に山に入るのですが、念のためお伝えしておきます。

この山はお寺さんが所有していて前に木の越境を何とかしてほしいと交渉にいきました。

 

木こり「好んで勝手に土地を購入してるので枝の越境は良いのですが、高木なんかは積雪の際、枝に溜まった雪が屋根に落ちてきたら危険です。危ない枝だけでも伐採していただけませんか?市にも県にも相談しましたが双方共に所有者様に相談して下さいとのことでした。」

 

住職様「市の野郎!県の野郎!!散々伐採を依頼してるのに!(怒)ウチはそう言った事をしてませんので勝手に山に入って枝を切るなりタケノコを取るなり自由にしてください。」

 

てなやり取りがあったので自由に使わせて頂いてるのです。

 

作業に夢中になりあまり写真がないのですが、、、枕木を交互に積み上げて行きます。

正面の小口は45度に切断し少し変化を与えてみます。
f:id:residence5103:20170225031016j:image

タコで土や砕石を突き固めます。
f:id:residence5103:20170225031132j:image
ひたすらこれの繰り返しで積み上げてます。
f:id:residence5103:20170225031310j:image

鳩がギャラリーとなってくれてます。

鳩「お、島荒らしか??」
f:id:residence5103:20170225031439j:image

木こり「工事のご理解とご協力をお願い致します。」
f:id:residence5103:20170225031609j:image
f:id:residence5103:20170225031726j:image

完成ではありませんが枕木がなくなってきたのでひとまずここで中断し物置の方を手掛けます。
f:id:residence5103:20170225031913j:image

 

枕木擁壁と物置デッキ造り ~その2~につづく

 

湯河原での解体工事 ~その1~

同社、他支店の方から連絡がありました。

「湯河原で解体工事があるんだけど・・・」

人格疑われてしまうでしょうが、ハイエナ根性がある私は解体=資材ゲットの方程式が常々あり、役所関連の申請図面などを二つ返事で了承してしまいました。しかし、職場の川崎からはエラい遠いので失敗したなぁと思ってしまいます。

 

そうは言ってもそもそも湯河原は縁がある場所ですので心の中ではルンルンなんですよね。

 

千歳川は風情感じます。
f:id:residence5103:20170224193541j:image

鴨もいますし
f:id:residence5103:20170224193744j:image

メジロもいます。
f:id:residence5103:20170224193847j:image

足湯なんか入ってると「何しに来たんだっけ?」と訳分からなくなります。仕事に来てるんですけどね。
f:id:residence5103:20170225021417j:image

 

さて、解体現場ですがこちらの建物です。
f:id:residence5103:20170224194150j:image

この建物、昔だから仕方ないのですがバリバリ違法建築物なんです。その説明は解体工事~その2~でさせていただきます。

 

保養所だったこの建物、内部は結構好みです。入口にはお風呂ののれんがあります。
f:id:residence5103:20170224195655j:image

振り子時計、、、いいかも
f:id:residence5103:20170225021503j:image

各部屋入口なんか昔風でいい感じ。
f:id:residence5103:20170224200008j:image

部屋はこんな感じ。和風ですね。
f:id:residence5103:20170225021543j:image

飢えてる私は和風だの風情だの関係なく木材ばかり見ています。桜は偽物か?偽物なのか!?
f:id:residence5103:20170225021610j:image
f:id:residence5103:20170225021732j:image
私以外の方は解体現場=廃材としか思ってないみたいです。なぜ私が鼻息荒く木材を見てるのか首をかしげてます。
f:id:residence5103:20170225021802j:image

このひねり具合がいいね。これだけは貰おうかな。これから造る数奇屋門に使えるかも↓
f:id:residence5103:20170225022022j:image

囲碁や将棋も勿体ないな。差し上げたら喜ぶ人もいるだろうに。
f:id:residence5103:20170225022047j:image

解体工事~その2~では私が作図したCAD図面をアップしますね。

役所関係の申請も無事間に合いいよいよ解体スタートです。

 

 

 

江ノ島 展望台のイルミネーション

江ノ島 展望台のイルミネーション

初めて行ってきました。
f:id:residence5103:20170221192708j:image

灯りを目の当たりにすると心が和みますね。

展望台付近に登ると驚きました。

2月中旬なのにもう河津桜が咲いてました。
f:id:residence5103:20170221192834j:image
f:id:residence5103:20170221192921j:image

カメラはCanonのG3X(お気に入り)を持っていきましたが夜間撮影は不得意みたい。

 

~展望台の広場にて~

 どうです?幻想的じゃないですか?
f:id:residence5103:20170221193723j:image

私にはこれがち○ちんにしか見えなくて。

失礼┏○ペコッ
f:id:residence5103:20170221193834j:image
f:id:residence5103:20170221193855j:image

灯りを見てると考えさせられますね。

灯りは心を豊かにしてくれます。

でもその反面エコノミーではありません。

原発を謳いながらイルミネーションを褒め称えるのは相反しますしねぇ。

ちなみに私は原発推進派ですが決してその考えが正解とは思っておりません。

単純に灯りがない暮らしは心が沈んでしまうし治安悪化に繋がると感じるからです。
f:id:residence5103:20170221194836j:image

 2016年暮れに再び問題が再熱した東芝さん。

あんな巨体な企業ですが、経営方針ひとつ間違えただけで脆く崩れかかっている。

資金が底を尽き2000億弱の債務超過に陥り、築き上げた半導体部門を全て売らないと隠れ減損に対応出来ない可能性すら出て来ております。

 

不正会計の問題が覚めやまぬ時期に突如として湧いた巨額減損ですから東芝さんへの批判な声は日に日に増して行く。その声の中には心無い気持ちを織り込んだキツい言葉も見受けられますよね。

 

実際、東芝さんの経営陣の悪質な失態ですので致し方ありませんが。
f:id:residence5103:20170222182209j:image

17年2月22日、アップル社が東芝半導体の出資を視野に入れていると言ったニュースが流れました。

 

180円台だった東芝株価が220円に反発。

アップル社からしてみれば総資産20兆円なので5000億円くらい屁でもありません。

サムスン離れの機会を得るチャンスかも知れないですね。
f:id:residence5103:20170224184235j:image

原子力の話に戻ります。

便利な世の中ですが電力あってこそだと思っております。

原発を唱えたいけれど正直暮らしのスペックダウンには耐えられません。

火力発電所は大気汚染の課題が付きまといますし、、、そこで安全かつ高エネルギーとして考えられたのは原子力ITER(いーたー)です。

核分裂で熱エネルギーを得る今までのシステムから核融合に仕様を変更するのです。

震災で苦しみ得た答えが原子力ITERだと私は信じてます。
f:id:residence5103:20170224194836j:image

未来の電力を安全に提供出来る可能性を持った東芝さん。

膿を出し切り過去の精算を行い体制のスリム化、社員の士気をあげていただいて再びまい進していただきたいものです。
f:id:residence5103:20170224191326j:image

こんな私が言うのもなんですが。

復唱させていただきますが灯りは心を豊かにしてくれます。

また明日から頑張ろっと。

 

木こりにとって初仕事

心に決めている事があります。

それは「独立」です。

でも今時点でなぜ独立してないのか?と問われたら正直に「力不足なんです」と答えざるを得ません。

何が力不足なのかはこの年になれば察しがつきますが、己れでも気付かないモノもきっとあるのでしょう。

 

それを知るために見知らぬ方々100人様のご要望を伺って全てクリアしてみようと思った次第でございます。

言い換えれば100人様のご要望を叶えられた時は独立しようと思っているのです。

 

そこで初めての依頼を承りました。

棚を組みたいから木材カットして欲しいと言った内容です。組み立ての醍醐味は依頼者様に残してあげると言った形となります。

 

木材は杉の無垢パネルを選択
f:id:residence5103:20170213062654j:image

業者向けのコーナンProで売っています。

杉は柔らかくぶつけると傷になってしまいますが、その傷に味わいがあります。木材と長く付き合って経年劣化を楽しんで頂きたいと思いました。

 

では切断です。

指定の幅260mmにカットします。

丸ノコ+定規でも切れますが、マキタ2711マルノコ盤を使用します。

f:id:residence5103:20170213063938j:image

 このマルノコ盤はカットする幅だけでなく角度を付けながらカットする事が出来ます。日立工機のマルノコ盤はこの機能が今時点でない様です。

それにしても作業スペースが狭い、、、

早く工房小屋を作らなきゃ。

 

運悪くこの時点で雪が降ってきたので撮影が疎かになってしまいました。

早く工房小屋を作らなきゃ。

 

木材の幅はカットしたので次は指定頂いた長さでカットします。日立工機のスライド丸ノコC12RSHを使用します。

 

~購入時の撮影~
f:id:residence5103:20170213065234j:image

梱包がでかいの伝わりますか?


f:id:residence5103:20170213065428j:image

詳しい方ならご存知でしょうが、このC12RSHはバタ角も一発切断出来ます。

更に角度を設定しての切断も可能、オリジナルで治具(ジグ)を作れば同じ形状の木材を複製出来ちゃいます。つまりめちゃくちゃ優れモノなんです。

 

~雪の中で切断作業~
f:id:residence5103:20170213070408j:image

かなり慌てて切断してます。

てかお客様の大事な品物が濡れてしまうので撮影を中断して作業に集中しました。

 

ここまで見て本職の方やDIY経験者の方々はもしかしたら「あぁ、木材をカットしただけかぁ」と思われるかも知れません。

 

でも案外お客様はコンプリートな品物ばかり求める訳ではないんだとTVのカンブリア宮殿「さくら住宅」編を観て気付いたのです。

 

棚1つ、モール1本で困ってる方がいるのです。そんな困ったを私も丁寧に、まずは100案件こなしてみたいと思っているのです。

 

切断した棚板は後日お渡ししました。

感謝して頂いて嬉しかったです。
f:id:residence5103:20170213071622j:image

私は法人様専門に仕事をしていますが、民間工事の醍醐味はお客様の喜びを肌で感じられる事だと思っています。

 

まずは最初の1歩を踏み出しました。

これからも焦らず誠実にたくさんの声を聞いてみたいと思います。

 

以上、木こりにとって初仕事でした。

マキタ チェーンソーのレビュー

遂に買いました。

マキタのチェーンソー、、、

その名もMUC353DPG2・・・だそうです。

 

今までチェーンソーも持ってないのに木こりと名乗っておりました。お恥ずかしい限りです┏○))ペコリ

 

チェーンソーを買うにあたって色々悩みました。常々安物買いの銭失いには気をつけているのですが、それにしてもチェーンソーの価格帯はピンキリですよね。

 

製品を調べているうちにチェーンソーは駆動方式が3タイプある事が分かりました。

 

①エンジン式チェーンソー

・パワフル→○

・持ってるだけで山男になれる→○

・エンジン音がうるさい→✕

・燃料がガソリン=少量危険物所有→✕

・オーバーホール等のメンテが必要→✕

 

②100V電気式のチェーンソー

・エンジン音がなく静か→○

・コンセントに挿せば気軽に使用可→○

・排気がなくエコノミー→○

・①に比べパワーが劣る→✕

・電気が届かない場所では活躍出来ない→✕

 

③バッテリー式のチェーンソー

・エンジン音がなく静か→○

・バッテリーを挿せば気軽に使用可→○

・排気がなくエコノミー→○

・①に比べパワーが劣る→✕

・高額→✕

 

迷いましたね。

造園屋さんや林業の方々は口を揃えてスチールと言うドイツのメーカーを薦めています。

しかしスチールのチェーンソーは主にエンジン式がメインで騒音の悩みが付きまといます。

スチールはバッテリー式もあり高評価ですが今後のことを考えるとスチール製のバッテリーを持つメリットが私にはあまり感じられなくて。すみません。

 

エンジン式なら間違いなくスチール製が欲しかったのですが泣く泣く残念しました。どう考えても騒音で近隣に迷惑掛けてしまうのは現実的ではありません。

 

次に100V電気式のチェーンソーですが、自宅のみで使用するならこれ一択でしょう。

しかし我が家は山を背にしてるので倒木等の資源をお裾分けしていただきたく電気式のチェーンソーもニーズに合わないと判断しました。

 

で、残るはバッテリー式のチェーンソーです。

 

調べていくうちにマキタの18V×2=36Vのチェーンソーの存在を知りました。

 

36V単体のバッテリーでは他への転用に制限がかかるし、これなら自分の用途に合うなって思ったのもつかの間、高過ぎて買うか買わぬか暫く悩んでいました。

 

でもチェーンソーを買えばもれなく山の資源が付いてくると考え方を少し変えました。

で結果、楽天市場で購入、それがコレです。


ばばーん
f:id:residence5103:20170123124609j:image
f:id:residence5103:20170123124646j:image

マキタMUC353DPG2です。

バッテリーは2つ同時に充電出来ます。


f:id:residence5103:20170123124745j:image

 

いよいよ木こりデビューの時が近付いてきました。チェーンソー片手に裏山に入ります。


f:id:residence5103:20170123124841j:image

まだ進みます。
f:id:residence5103:20170123124907j:image

まだまだ進みます。
f:id:residence5103:20170123125236j:image

この山は鎌倉時代、北条家の所有地だったとされています。日差しが綺麗なのでパシャリ
f:id:residence5103:20170123125308j:image

アップにすると鶴岡八幡宮様が見えます。
f:id:residence5103:20170123125353j:image
この倒れてるのは針葉樹です。

この倒木で木こりデビューを飾ろうと思います。
f:id:residence5103:20170123125515j:image
切るのと撮影でバタバタしてますが、めちゃくちゃ切れるので驚きました。
f:id:residence5103:20170123125610j:image

切った瞬間15m程の大木が転がったのでヒヤヒヤしました。林業の方は笑ってしまうでしょう。
f:id:residence5103:20170123125623j:image

ちなみにここの地域は歴史的風土特別保存地区なので生木の伐採は禁止されています。てゆーか、倒木切るだけで怖いので私はこれで充分。

 

無事木こりの儀式を終え山をおりました。

 

次に試してみたかった枕木のプランターにチャレンジします。案外チェーンソーで出来ることをネットで検索しても記載がないんですよね。

 

そこでずっと駐車場に保管してあった枕木の出番です。木材ばかり置いてるので近隣の方は不思議に思ってる事でしょう。
f:id:residence5103:20170123130021j:image

並み枕木はおおよそ60Kgあります。長さは2100mmです。この写真のものは短く多少軽いです。
f:id:residence5103:20170123130314j:image
長さを切断しチェーンソーの先端で罫書きノミで掘っていきます。
f:id:residence5103:20170123130546j:image
案外雑な仕上がりですがこれが味わいって事にしておきます。
f:id:residence5103:20170123130750j:image
もう完成って事でいいや。

 

簡単なマキタ チェーンソーのレビューをします。

購入前はバッテリーとの事でパワー的に不安がありました。しかし18V×2の仕様はエンジン式(30cc)に匹敵する謳い文句に偽りはない様です。(私自身エンジン式を使用した事がないのが問題ですが)

切れ味に問題はありません。

本体の重心が計算されてるのか持ちやすいし重さも気になりません。

オイル量は調整出来ますが案外消耗が激しいんだなと感じたのでオイルは常備した方が良いかな。

バッテリーの充電時間も急速だと思います。

また国内メーカーなので故障時も安心です。今回壊れやすい機械なので本来は代理店で買った方が安心でしたが、まぁマキタなので大丈夫だろうとネットで購入しました。

 

買ってみないと分からない事が多々ありますが、総体的に木こりはご満悦です。

ただ切断くずが大量に出るので強風時は飛散してしまいます。自宅の駐車場でチェーンソーを使う思考自体がきっと間違えてるんだろうなって感じました。

 

今まで日立工機ばかり集めてましたがバッテリーも手に入れたしこれからはマキタフリークになることも出来ます。

以上、マキタ チェーンソーのレビューでした。