小町の木こり DIY

DIYブームに便乗しちゃうっ!

ロゴマークの作成

この先の人生、出来ることなら企業して工務店を運営するのか、もしくは家具販売を目指すのか、それとも双方行うのか、今時点では全くの不透明ですが何にしても己が関わった事を強くアピールする事が大事だと考えロゴマークを考えてみる事に至りました。

 

とは言ってもデザインセンスはなく今までロゴの事なんか考えたこともないので全てスマホ用のアプリに頼りました。

 

ばばーん
f:id:residence5103:20180119070149j:image

丸の渦は螺旋階段(猫家具)を表しました。
f:id:residence5103:20180119070423j:image

この写真見てください。

保護猫カフェのオーナー様のお子さんです。

めちゃくちゃ可愛くないですか?

勝手に写真貼るのでどうか見つかりませんように・・・
f:id:residence5103:20180119070731j:image

ロゴマークの真ん中は家を描きました。

私の中では猫家具と工務店を表現したつもりです。単純なロゴかも知れませんがここに至るまで丸々2日かかりました。

ちなみに一番最初に考えたロゴはこちらです。
f:id:residence5103:20180119071056j:image

自分で笑っちゃうくらいのセンスです。

文字のアピールは要らないかなって思いました。

 

今まで建築界のピン芸人と自負して人様と関わるのを避けてましたが今は鎖国を解禁して色々な知識を学ぶようになりました。

 

猫がマーキングする様にこれからは私もこのロゴを広める様に頑張ってみますね!

古屋再生プロジェクト ~その1~

なんか大好物な企画です。

建物の持ち主様は

DIY可能なシェアハウスもしくは一戸建て貸しをしたい。
再生をテーマに人生も家も再び作り上げる、的な。例えば少しハンディがある方がなんとか仕事は始めているけれど、親からの自立はなかなか難しい。その一歩のような。
あるいは母子家庭の独立の一歩とか。

と申しております。

なんか心に響きますよね。

 

建物は木造二階建てで2棟所有されてます。

庭も広く畑も耕せます。

南側に庭があり開けているので日当たりは最高です。

まず1棟を3月までに完成させたい。

家は栄えてる駅から徒歩圏内。

給湯器の工事が高額でどうするか迷ってる。

壁は漆喰を塗りたい。

真壁なので柱が表れてる。経年劣化してるので何か化粧をしたい。

 

打ち合わせと私の所感がごちゃ混ぜになりましたが箇条書きにしてみました。

 

現地の内装はこんな感じです。
f:id:residence5103:20180118071200j:image
f:id:residence5103:20180118071249j:image
f:id:residence5103:20180118071332j:image

壁はジュラクと言う砂壁で触るとボロボロ落ちます。持ち主様はこのジュラクの上に塗装仕上げして上手く塗料が乗らないと言われてました。

なぜ上手くいかないのか。

塗装のプライマー(接着剤)を塗ったそうです。プライマーは有機溶剤で薬品として強くジュラクを引っ張って剥がれようとする動きが生じちゃうんですね。

だから自然素材の漆喰を提案させていただきました。

試しにジュラクの上から漆喰を塗ってみましたが、塗ってる最中でもジュラクが浮いてきてしまいます。やはりジュラクは全て取り除いた方がいいかな。

時間がない中で何とか一面を漆喰塗りしましたので写真がありませんが次回はもっと作業中の撮影をしてきますね。

ここ最近の細かい動き

①薪ストーブの炉台が錆びてきたので耐熱スプレーで塗装しました。

パッと見、購入時に戻りましたよ。
f:id:residence5103:20180116051558j:image

 

②テレビを買いました。

東芝のREGZA55インチの音質が良いバズーカと言うシリーズです。(55BZ710X)

置き場所がなく3畳の和室に仮置きしました。後ろのテレビは15年ほど前に購入したAQUOSの37型です。店で見た時は感じなかったけどウチには少し大き過ぎたかな、、、
f:id:residence5103:20180116052126j:image

 

この壁に壁付けテレビを付けたい!と思いかれこれ2年半の月日が経ってしまいました。
f:id:residence5103:20180116052532j:image

でも新築当時は計画が曖昧でアンテナ配線がなくこの場所に壁付けテレビを付けても受信出来ません。仕方なくレコーダーで録画した番組を無線で飛ばし1階のここで観ようと考えました。

そもそも普段観るテレビは2階にあります。
f:id:residence5103:20180116052930j:image

これだけでは無線で飛ばせないのでBlu-rayレコーダーも購入。
f:id:residence5103:20180116065258j:image
f:id:residence5103:20180116053123j:image

では1階のテレビを壁に付けてみます。

とは言っても購入した壁付け金物を付けるだけです。(TVセッターハイラインHA114M/L)
f:id:residence5103:20180116054349j:image
f:id:residence5103:20180116053249j:image

この伸縮具合よくないですか?
f:id:residence5103:20180116053309j:image

見ての通り柱に金物が付けられる様になってます。ビスで固定するだけですね。

ビスの位置を示すテンプレート的な紙を貼り
f:id:residence5103:20180116053715j:image

細いキリで穴を開けます。
f:id:residence5103:20180116053838j:image
f:id:residence5103:20180116053858j:image
f:id:residence5103:20180116054053j:image

テンプレートは不要になるので外し、もうワンランク上のキリで更に穴開けします。
f:id:residence5103:20180116054114j:image
f:id:residence5103:20180116054145j:image
f:id:residence5103:20180116054209j:image

穴開けで柱に凹凸が出来てしまったのでランダムサンダーで平滑にします。
f:id:residence5103:20180116054303j:image
f:id:residence5103:20180116054326j:image

壁付け金物を付属のコーチスクリュー(ビスの太いモノ)で付けましたが、金物が重く苦戦して写真撮り忘れました。

なんとか無事テレビを壁付けにする事が出来たのですが
f:id:residence5103:20180116054603j:image

案外55インチでも大きいって感じはしないです。このサイズで良かった。

電気関係が苦手な私は結局無線は諦めてテレビアンテナを有線で繋げましたとさ。

何のためにレコーダーを買ったのだろう。
f:id:residence5103:20180116054803j:image

めでたしめでたし。

 

③ランダムサンダーの修理

修理と言っても部品を取り寄せて取り替えるだけです。ランダムサンダーを駆使し過ぎてペーパーヤスリがくっつかなくなりました。
f:id:residence5103:20180116064732j:image

ちょっとした事なのに凄くストレス。

で部品を取り寄せました。
f:id:residence5103:20180116064926j:image

2分くらいで交換が完了。もっと早く直せば良かったな。
f:id:residence5103:20180116065110j:image
f:id:residence5103:20180116065202j:image

④昨年末購入した木材を取りに行きました。

 改めてすごい量の木材です。

私が購入した木材以外の木材も転売でも何でも良いので何とかしてくださいと言われましたが、、、この量をあと2週間で捌ききれるのか?
f:id:residence5103:20180116065752j:image
f:id:residence5103:20180116065824j:image
f:id:residence5103:20180116065851j:image
f:id:residence5103:20180116065936j:image

⬇はケヤキです。ケヤキでこれだけの長モノは中々手に入りません。
f:id:residence5103:20180116070037j:image
f:id:residence5103:20180116070154j:image
⬇栗の天然木(板)もあります。
f:id:residence5103:20180116070303j:image
もっと時間があればなぁ。

⑤カウンターの端材を頂戴する。

周囲に木材好きをアピールしてるからかカウンターの端材をくれるとの話が舞い込んできました。

でも先に紹介した木材で頭がいっぱいなので内心「なぜこのタイミング?」と思ってしまいました。

ですが、せっかくのお心遣いを無下にする訳にいきませんよね。取りに行きました。
f:id:residence5103:20180116071018j:image
f:id:residence5103:20180116071038j:image
f:id:residence5103:20180116071059j:image

素敵過ぎる!!!

アメリカの方がお店をやられてた時のカウンターらしく落書きに味わいを感じます。

これはこのまま使うのがベストでしょうね。

ありがとう御座います、感謝┏○ペコッ

 

⑥庭に砂利敷き

ホームセンターで砂利を16袋購入して敷砂利として撒きました。

木材の受け入れ態勢とベランダを作る前段階です。
f:id:residence5103:20180116072759j:image

シメジも作ってみました。
f:id:residence5103:20180116073217j:image
可愛くないですか?

 

ここ最近はより良い生活するための準備をしてました。

 

今年は色々な事が出来そうです。

では。

 

Huawei Mate10Pro スマホレビュー

前々からスマホの調子が良くなくて遂に故障しちゃいました。

 今まで使ってたスマホauのTORQUE G02(キョーセラ)と言う頑丈過ぎる携帯でしたが、、、

充電ジャックがイカレたのか充電出来なくなってしまいました。筐体だけなら全く異常なく何十年と使えそうなんですけどね。
f:id:residence5103:20180115080709j:image

で、仕方ない。2年縛りもないし修理にお金を費やすのも勿体無いので買い換える事にしました。

 

あるディスカウントストアに前々からサーチしてたHuawei Mate10Proを見に行きました。今まで国産に拘ってましたので海外機にはちょっぴり不安があります。

 

でも料金プランの説明を聞いた瞬間に「今すぐ買います」って即答してました。だって初めてのSIMフリーとなりますが、三キャリア対応では大体月額12000円を超えてたのにY!mobileだと月額3000円ちょいなんですもん。勿論三キャリアの時と同プランです。

 

Huawei Mate10Proですが、ばばーん!
f:id:residence5103:20180115193843j:image

からして高級感を醸し出してます。

表面はベゼルレスなので殆どが液晶です。

有機ELディスプレイなので発色も良いですね。
f:id:residence5103:20180115193913j:image

背面はカメラがデュアルで設けてあります。

(カラーと白黒)

カメラの横にはLEICAの文字が格好いいです。カメラの下には指紋認証があり精度が高いです。とにかく便利ですね。
f:id:residence5103:20180115193931j:image

本体は薄いです。付属のカバーを付けましたがそれでも薄いですね。薄くても熱で持てないとか全くないです。

カバーと充電器、イヤホンが付属してます。
f:id:residence5103:20180115194208j:image

 

1番助かるのは充電の減りを気にしなくなった事です。これも消費電力が抑えられる有機ELディスプレイの恩恵でしょう。丸々一日使っても充電切れはないと思われます。

 

アプリですが、日本語入力アプリはSimejiをインストールしました。

また、関数電卓関数電卓 Panecal

 は個人的に必需品です。

 

付属アプリの写真や画像を見るためのギャラリーが優れもので今まで漏洩の危険と謳われながらもQuickPicに頼ってましたがようやく脱QuickPicが叶いました。

 

なぜギャラリーが優れものなのかを御説明しますね。

Leicaのカメラとの連携が素晴らしい!

ライカで撮影した画像を後から更にワイドアパーチャ機能でぼかしの調整が出来ます。

 

②Mate10Proとの相性が良い!

QuickPicは画像を見てるとデーターが重いからかスクロールが引っ掛かったり強制終了したりしてました。ギャラリーはレスポンス良く本当にストレスがなくなりましたね。

 

③画像編集が面白い!

①のワイドアパーチャ(ぼかし処理)はMate10Proで撮影した画像のみ後からでもぼかし調整が出来る機能でしたが、編集機能は保存した画像なら全て適用してます。

 

例えば園芸屋さんで撮影した胡蝶蘭ですが
f:id:residence5103:20180115123554j:image

ギャラリー起動、編集→フィルタ→モノクロで
f:id:residence5103:20180115123932j:image

味わい深いモノクロ写真となります。

このモノクロ写真だけでも数種類の編集があり操作も簡単&スムーズです。

 

編集には他にスプラッシュと言う機能もあり、例えばパパイヤですが
f:id:residence5103:20180115124321j:image

⬇の様にモノクロ写真に色付けたい箇所のみカラーにする事が出来ます。
f:id:residence5103:20180115124604j:image

これが非常に楽しいんです。

色んな画像で試してみたくなります。

 

 また編集機能はモザイク編集や文字入力が出来るので今まで使ってたアプリも不要となりました。

 

ただ複数の写真を合成させる機能はないみたいなので念のためPhotoMixをダウンロードしました。でも結局使わないかな。

それとトリミングですが各サイズにカット出来るので便利でしょうね。

まぁ以上の事からギャラリーは優れモノだと思っております。

 

次にLeicaのカメラ性能ですが、殆どの方がスマホ以上、一眼レフ未満と評している様です。

 

下の写真は町の金物屋さんのトイレです。

大便禁止が個人的にツボに入ってしまい以前TORQUE G02で撮影しましたが
f:id:residence5103:20180115193426j:image

(TORQUE G02)

 

違い分かりますか?
f:id:residence5103:20180115195317j:image

(Mate10Pro)

 

少しHuawei Mate10Proで撮影した写真を添付しますね。
f:id:residence5103:20180115195449j:image
f:id:residence5103:20180115195521j:image
f:id:residence5103:20180115195556j:image
f:id:residence5103:20180115195632j:image
f:id:residence5103:20180115195655j:image
f:id:residence5103:20180115195740j:image
f:id:residence5103:20180115220259j:image

次にISO感度が50000強で暗闇撮影に突出してるEX-FR110H(カシオ)との夜間撮影対決です。
f:id:residence5103:20180115215523j:image

(EX-FR110H)


f:id:residence5103:20180115215555j:image

(Mate10Pro)

 
f:id:residence5103:20180115215705j:image

(EX-FR110H)


f:id:residence5103:20180115215755j:image

(Mate10Pro)


流石に勝てませんね。

EX-FR110Hは地中の土管内の真っ暗闇でも僅かな光りがあれば鮮明な写真が撮れるので仕方ありません。

 

それとMate10Proのカメラは空の撮影が不自然と耳にしますが
f:id:residence5103:20180116050734j:image
f:id:residence5103:20180116050808j:image

確かに色合いが不自然ですね。

でもまぁなんか十分です。
気軽に持ち歩いて即座に撮影出来てこのクオリティ、しかも編集で遊べます。
f:id:residence5103:20180115195849j:image

満足度が半端ありません。

パソコンとの接続も専用ソフトで快適です。

私が使ってるThinkPadより処理速度が早かったのには驚きました。

 

では逆に不満点はなんでしょう。

強いていえば電話アプリが使いにくいかな。

でもアプリなんてインストールすれば良い話ですし隙がありませんね。過去最高の良機です。

 

以上、Huawei Mate10Pro スマホレビューでした。

鏡の作り方を解読(千切りもご紹介します)

重くて持ち帰れなかったケヤキのオブジェですが、お正月ずーっと考えてまして鏡にしたらどうかな?って思いました。

 

鏡のサンプルはこちらです。
f:id:residence5103:20180106162514j:image

はぁ、、憧れる。

 

ここまで形は整ってないもののケヤキのオブジェもかなりのポテンシャルを持ってます。
f:id:residence5103:20180106162708j:image

これを輪切りにしたら鏡が作れるんじゃないか?いやいや、デカすぎて計画が頓挫するかな?

 

鏡を作る事を想定して作り方を考えてみました。

ケヤキ丸太を薄く輪切りにする

②ガラスを購入

③ガラスを丸く切断(切断方法)

ケヤキ丸太の裏側をガラスの大きさで彫る

ケヤキ丸太の割れ部分が後々広がらない様に千切り(ちぎり)を入れる。

 

千切りは一般的にチョウチョ結びみたいな形となってます。合理的なのでしょうね。

調べてたら色々な千切りがありましたのでご紹介させていただきますね。

01-チョウチョ結び
f:id:residence5103:20180107063433j:image

02-チョウチョ結び 大小
f:id:residence5103:20180107063305j:image

 

03-ツバメ
f:id:residence5103:20180107063508j:image

 

04-蝶々
f:id:residence5103:20180107063530j:image

 

05-蝶々
f:id:residence5103:20180107063557j:image

 

06-ギザギザ
f:id:residence5103:20180107063628j:image

 

07-栓を打ち込む千切り
f:id:residence5103:20180107063655j:image

 

08-チャックみたいな千切り
f:id:residence5103:20180107063759j:image

 

面白くないですか?

私はツバメを真似してみたいです。

続きです。

ケヤキ丸太をケレンし塗装を施す。

ブライワックスなんか良さげですね。

 

⑦ガラスにミラーペイントを施し鏡にする。

ミラー調スプレーに興味を持ってますがそもそも鏡を入手出来れば苦労は要りませんよね。

 

以上の工程で鏡は作れるかな(*´ー`*)

 

まだ構想だけで実践してませんが肝心な木材を家に運んでませんからね。

 

話は変わりまして暮と年明けに定食屋のいさみ(鶴見区)に行ってきました。

何度も顔出すのでウエルカムムードで心地よいです。

暮れには生姜焼き定食を
f:id:residence5103:20180107065337j:image

年明けにはチキンカツ定食を
f:id:residence5103:20180107065402j:image

いただきました。

やがて、ご主人が「私、そもそもお寿司屋だったんです」と話し掛けてくれました。

木こり「なぜ和食から洋食に変えたんです?」
ご主人「生物取扱うと痛みが激しくて保管が難しいんです。実は私、一回死にましてね。」

木こり「ふーん、・・・・・・えっ?」

よくよく聞くと6分間心臓停止になったそうで身体の事を考え身の丈にあったスタイルにしたと言われてました。心停止による障害は全くなく良かったですね。

 

この間、辻堂の映画館でDESTINY~鎌倉物語~を観ましたが、ご主人からも死後の世界の話を聞きましたよ。

 

皆さんもお身体には十分気を付けて下さいね。

では。

 

 

ネコ家具職人への道 ~その4~

まず最初に本日仕事始めでした。

お客様から電話連絡があり、第一報が「木こりさんが作ったゲートが脱輪しました。」→えっ?( ̄▽ ̄;)

この先も脱輪した一年を過ごしそうな予感がしてなりません。

 

さて保護ネコカフェですが以前にもお伝えした通り雑居ビルにお店を構えます。

当然ビルの入口に看板が必要となります。

でも電光看板スペースは他の店舗で埋まっており使用出来ないとの事。

必然的に置型の看板が必要となりますよね。

 

「アイデア写真集」の記事でご紹介させて頂いたこちらの看板の作り方を解読してみます。
f:id:residence5103:20180105063004j:image

格好良くないですか?

まずこの古びた木材をどう調達するか考えてましたらジモティーでパレットを無料にてお渡しします!と言った良心的な方がおられました。

掲載を見た時「こりゃー高倍率だろうなー」と思いつつすぐに連絡。

そしたら予想通り多方面からの問い合わせが来てるとの事。その方は引っ越しでパレットの引き渡しを急いでらしたので「本日中に取りに伺います!!」とお伝えしたら快く承諾して下さりました。そのパレット見てください。

ババーン
f:id:residence5103:20180105064451j:image
f:id:residence5103:20180105064525j:image
13枚分あります。

このパレットがあれば看板の古い感じの木材が完成します。

余談ですがパレットをくれた方からこんなガーデンテーブルセットも頂きました。こう言ったガーデングッズは以前から欲しかったので個人で使用しちゃいますね。
f:id:residence5103:20180105064748j:image

このテーブルで珈琲飲んだら美味しいだろうな。心より感謝申し上げます。

 

で、看板の話に戻ります。

鎌倉市雪の下にある茶々と言う喫茶店、この和風テイストが個人的に気に入っるので常々参考にさせて頂いてますが、今回も看板がどうなってるのか確認させていただきました。
f:id:residence5103:20180105065328j:image

正にビンゴ!私が好きなタイプの看板でした。屋根は樹皮を張ってますね。
f:id:residence5103:20180105065422j:image

電灯は丸出しです。
f:id:residence5103:20180105065504j:image

足元はチェーンで開閉ストッパーとし
f:id:residence5103:20180105065616j:image

強風対策で重しを緊結してます。
f:id:residence5103:20180105065632j:image

木の丸棒が丁番変わりになってました。

脱帽です。
f:id:residence5103:20180105065806j:image
f:id:residence5103:20180105065819j:image
やはり茶々は私が憧れるお店です。
裏道にあり隠れ家となっておりますが気になられた方は是非お立ち寄り下さいませ。
f:id:residence5103:20180105070039j:image
f:id:residence5103:20180105070053j:image

では、また本題に戻りますね。
f:id:residence5103:20180105070145j:image

古材と看板の基本的な作りは何とかなりそうです。次に味わい深い錆び付いたトタン屋根をどうするかを考えます。

 

錆び付いたトタン屋根を調達しようと探しましたが見つかりません。仮に見つかったとしても本当に錆びてるモノをお店に使用して良いものなのかな?

 

そこで思いついたのが以前店舗工事のご紹介で階段やカウンターで行った錆ひ塗装です。

店舗工事の時は私も単なる現場監督でしたので各業種に工事依頼をするだけでした。

 

思い起こせばこの錆び塗装、専門業者が見つからずアート専門の方にお願いしたのです。

かれこれもう10年以上も前の話となります。

今では人任せではなく己が関わらないと気が済みません。

で、錆び塗装を調べて辿り着いたのはキャンディータワーさんの錆び塗装です。当たり前のようにHPをリンクしてますが・・・察してください。すみません┏○ペコッ

 

でも錆び塗装の素晴らしさが伝わってきませんか?だってヘルメットが錆びちゃうんですから。キャンディータワーさんの施工例を多く見てこのトタンはなんとかなるかなと思いました。

 

ぶら下がってる黒板は木材をカットして黒板塗装を施せば良いと考えます。

下の写真はマグネットペイントです。
f:id:residence5103:20180105123359j:image

黒板塗装も同じような価格かな?

 

再度看板写真を貼りますね。
f:id:residence5103:20180105123500j:image

最後の課題は白文字です。

先に紹介させて頂きましたキャンディータワーさんも文字を多用してます。錆び塗装に文字を加えた途端にアメリカンテイストになるのが伝わってきましたよね。

キャンディータワーさんは文字スタンプも販売してますが残念ながら数字とアルファベットしかありません。

 

画用紙に文字をくり抜いて文字塗装するか、うーん。

 

視点を変えてみました。

ペイントではなくレーザーに目を付けたのです。ホームセンターのカインズホームはPDFやJPEGのデーターを持ち込めば格安で木材をレーザーでの切断や焼き付け模様を付けれるとの事。素晴らしい技術です。でも近くにカインズホームがありません。ならレーザー加工機買ってしまおうかと調べたら一瞬で挫折。確かに安い訳がない。

 

やっぱり文字はペンキで書きたいな。

そんなカッティングシートないかなーって検索してたら凄いのがありました。

ブラザーから発売されてるスキャンカットCM650Wです。この機械、PDFやJPEG等のデーターの他にスキャンで読み取る事も出来るんです。

 

こちらの動画を見ていただけないでしょうか。お店のロゴもスキャンで読み取れるので可能性が広がります。

 

欲しい・・・やばい・・・

 

レーザー加工機程ではありませんがやはりかなりの金額ですね。さてどうするか。

 

看板ひとつ模写するだけでも結構大変ですが今後の投資と考えれば勉強になります。

出来上がったらご紹介させていただきますね!

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

さて何からお話すべきか。

昨年は本当に経済的に最悪でした。

大殺界なんですかねぇ。でも本日の日経平均株価をご覧になりましたか?大幅に反発して23000円を突破!祝

26年ぶりですかね?ちょうどバブルが終焉を迎えたあたりの株価です。

 

よくバブルに突入する事を恐れ緩やかに景気が伸びれば良いと経済専門家は言われますが私はバブルをもう1度味わいたいです。だってペーペーの時に1年間だけしか味わってないのですから。

 

バブル当時は毎日のお弁当が会社支給で給与もそこそこ、4月に入社して7月に出たボーナスが50万だったと鮮明に覚えています。また社員寮も新築で恵まれてたなぁ。

それから転落まっしぐらの日本経済ですからね。

 

でも残念ながらバブルは来ないでしょう。

その理由はバブルになる幾つかの条件のうち地価の上昇が見込まれないからです。これから4年後に2020年問題が訪れます。

不動産業界では前々から騒がれてますが、東京ドーム2800個分以上の土地が東京都で更地になるそうです。つまり土地が余り価値がなくなり地価が下がります。

喜ぶのは売買が活発になる不動産屋さんって事になりますねぇ。

 

その予想が外れてバブル来ないかなぁ、、、

おっけーバブリー!

 

年初めなのでモノづくりと全く関係のないお気に入り猫の画像を貼っていきますね。

 

01-ラオウなのか?
f:id:residence5103:20180104120738j:image

 

02-直角
f:id:residence5103:20180104120819j:image

 

03-キャットタワー
f:id:residence5103:20180104120857j:image

 

04-してやったぜ
f:id:residence5103:20180104120934j:image

 

05-猫in猫
f:id:residence5103:20180104121000j:image

 

06-まぐろ状態
f:id:residence5103:20180104121034j:image

 

07-誰だって驚く
f:id:residence5103:20180104121104j:image

 

08-裏側の謎を解明
f:id:residence5103:20180104121132j:image

 

09-居場所
f:id:residence5103:20180104121224j:image

 

10-悪意
f:id:residence5103:20180104121252j:image

 

11-奈落へ落ちろ
f:id:residence5103:20180104121327j:image

 

12-前へならえ
f:id:residence5103:20180104121407j:image

 

13-ホント辛い
f:id:residence5103:20180104121721j:image

 

14-どーこだ?
f:id:residence5103:20180104121751j:image

 

15-黒いね
f:id:residence5103:20180104121821j:image

 

16-今撮影は反則だろ
f:id:residence5103:20180104121847j:image

 

17-羨ましくは・・・な・・・
f:id:residence5103:20180104121919j:image

 

18-ぷぷーっ
f:id:residence5103:20180104122003j:image

 

19-何かいい事ないかなー
f:id:residence5103:20180104122106j:image

 

20-ふっ
f:id:residence5103:20180104122145j:image

以上です。 

では改めて本年も宜しくお願い致します。

皆様にとって良い年であります様に。